施術用ベッドは、
大手ネット通販等で【施術用ベッド】や【マッサージベッド】で検索すると、
1万円前後の折り畳みのベッドが
出てくるようです。
施術用ベッドを考えている場合は、そちらもチェック。
ここだと安く買えそうです。
私が、
自分で開業した時(廃業してます)は、
家にあった普通のベッド(ベッドの上に布団を敷くタイプのベッド)に
=========
フィットネスマット画像
XYSTUS(ジスタス) フィットネスマット SW180
=========
こういったマットを引いてこの上に、シーツを敷いていた。
~~~~~~~
フラットシーツ画像
フラットシーツ
(サイズは敷く布団やマットに合わせて購入すること。)
~~~~~~~
結局、マットは冬は肌さわりがヒンヤリするので置いといて、
いらない敷き布団を使ったりしてました。
これでもいいかなって思ったけど。
今思うとちょっとヘボいですかね。

今家にベッドがあるならそれを利用してもいい。
普通の寝具のベッドの場合は、立って施術するとか無理なので
患者が寝てるベッドに座って施術していました。
寝台ベッドの方が、施術ベッドより幅があるため
高齢者としては寝返りがしやすいという面はありました。
まぁ通常の施術ベッドを購入した方が、見栄えもいいしいいのかなって思います。
開業資金に金をあまり使いたくない場合や
いちおう実家など家賃のかからないところに施術室も構えつつ訪問鍼灸を主にしようと思ってる方は
家に余ってるベッドを置くだけでもいいですよね。

開設届けを保健所に出して保健所の職員さんが
開設届けの申請通りか確認しに来る時に、
ベッドがあるかも確認したりします。
地域によって、保健所職員の判断とかまちまちなような気がしますが、
施術ベッドが何台あるか?施術道具はあるのか実際、確認してきたりました。
まぁあとで購入しますとか今注文してるとこです。とか
いえばいいのでしょうけど。
どうせ必要なので今なくても買いますし。
(ベッドが保健所の立ち入り検査のときになくても開設の検査は大丈夫だと思います。
そこがあはき法の開設の判断基準ではないので。(たぶん。。))
一応、ご参考までに。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。