ネット見てたら、歯科技工士の給料って結構安いようで。
結局、8割は辞めて転職するとか。。
修業して独立してうまく行った人だけが食べて行けるようだ。
私の知ってるかぎりでは、理容師、美容室
保育士も安い。私の業種の資格も安い。
国歌資格ではないがネイリストも安いらしいし。
私の業種の資格(はり師・きゅう師)も安いけど私の持ってる資格だけだと思ったけど結構あるんだな。
【手に職をつけて】って言葉にやられた感じ。
私は資格をとって、思ったような(何も考えてなかったけど)給与の現実でなかったために
別の資格の方がよかったんじゃないかとひがんでたけど。
思い返すとけっこう食えないとされる資格ってあるな。
独立してうまくいけば食えるって。
それって資格なくたって何だってそうだよな。
最近では、手に職だ。資格だ。とかいってテレビCMでも言ってる、
調剤薬局の事務かなにかのやつって、筆記試験が自宅でできて、本とか見てもいいやつだった気がする。
色んな資格があるものだ。
世の中には、
それって資格なの?って
資格もある。
検定も資格扱いだし。
免許も資格扱いだったり。
なんかごっちゃになってる。
医療事務の資格とかいいはじめてるけど、
医療事務を職とするときに医療事務の資格って、
医療事務をする際に必須ではなかったはず。
求人募集みてると医療事務経験者を募集してるとこがほとんどだ。
資格とると思うなら、
現代は、ネットで将来性とか平均月収とか離職率とか分かったりするので調べてからとるべきだ。
昔はネットなかったから出来なかったけど。
繁盛店とか見て、この資格があればこんなお店が出来るんだって思うのはいけない。
あくまで平均的な月収が自分自身にふりかかる可能性の方が高い。
繁盛店にするには、まず初期投資が必要で店舗賃借の金やら機材のお金などかかる。
自分の家庭が貧乏や普通なら、「環境」として、そういった素質がまずないという事を知っておいた方がよい。
環境が貧乏や普通ならば、
自分自身のビジネス商売の才能が必要となる。
■■■
保育士の人手不足もそうなのだけど、
歯科技工士も割にあわなくて転職するようで、
お金かけてとった資格をサッとすて
転職する意思って大事なのかもしれない。
私はこの辺の所に迷いがあって、転職を考えたり、
今、所持してる資格(とある治療院系の資格です。)での仕事を探そうかとかも考えたり、
次の就職先もこの専門職を続けよう、いや、職種を変えて転職しようとか
けっこう迷う。
転職をするという意思って大変だ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。