出稼ぎの期間工ならハロワの入口に
各工場の求人のビラが
数枚ある。
はじめ開業した治療院たたむとき、
もう1ヶ月程度求人探してどこもなければ、
チラシにあった名古屋の期間工にでもいったれと思ってたけど、
それで人生再出発だと思ってたけど、
いざとなると全然身体が行かない。
ネットで調べた感じ、期間工ってかなりハードらしくって、環境もたいへんなようで
ネットみるたび怖くなってくる。
ネットっていろんな情報が載っててすべてを鵜呑みにしたらいけないと思うけど、
結構信頼性ありそう。。。
ト○タの期間工
行ってた人が知り合いにいたけど、
「絶対行かないほうがいい。
○○さん(私)には無理ですよ。ホントにやばいです。」って言われた。
ネットで情報が入るからありがたいが、
ネットの情報のせいで動けなくもなってないか?って自分自身思う。
もちろん動いたとこで、ネットのカキコミのようなハードなところが待ってるのだろうけど、
ホントは、そのハードの次の別の行動がどう動くかが大事なのか?っても思ったりする。
だけど、
「しなくてもいい苦労はしないほうがよい。」ってどっかでそんな言葉きいたことあるし、
実際、危ないとされる道をわざわざ歩く方がおかしい。
多くの人が、ネットの情報などを知りつつも、(本当にそうなのか?私ならいけるのでは?)とかで実践的に通ってきて、
やっぱりここは違う!って言ってる道だ。
人は情報えた先の事をするということが真の進化だとも思うし。
せっかく人類のセーブデータ(先代の方々のここは行かないほうがいいとか。)として、この道は危険だ!と言ってるのだから、
やっぱ行かないほうがいいと思えてきた。
人はリスクをとらないと幸せになれないという強迫観念が多少あると思う。
でもリスクのとりたかや種類ってあると思うし、
この手のリスクはやっぱ違う気がする。
とは言うものの行く場所がいよいよ新着求人しかないきがする。。。
■■■
こうして、考えは進むものの、また元に戻ったり、
まいってくる。
上記の考えだって数回は周回してる、
だから一つの理由として、こうして記録することにした。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。