条件のいいところが出ないかと待ちの就職活動していてしばらく職に就けず。
ネットは趣味でこもりがちの生活に。。
昔書いた下記のブログ今読み返すとかなり気持ちがまいってます。
~~~~~~~~~~~~~
運動がてら草むしりをすることにした。
ハロワ行かなくても
ネットで求人を見れるので
あんま外に出ない。
しかし、太陽の光にも当たらないと自律神経が狂いそうだ。
数日、
無心で草むしりしてたら、
指の各中節が筋肉痛に。
やっぱ運動不足になってる。。
■■■
私は趣味や気分転換にネットでチャットをするのが好きです。
今日は、ネットのチャットでだけど、
「ニートなの?」
「働け」といわれた。
(というかこれ系は、よく言われるかな。)
多少、グサッというか、カチンというかくるモノが
無償に込み上げて来るけど
正直しょうがない。
ニートというのは、働く意欲もない人の意味だと思うけど、
若者(もうおっさんだけど)の部類が無職だと、取り合えずニート扱いされる。
向こうはニート=若者の無職
という意味合いだと思うし、特に深い意味はないんだろうけど。
こんだけの求職者がいる状況で、
求人も0ではない状況、
しかし求職者はあふれている。
これには、何らかのその人でないと分からない何かがあるわけだ。
短期のバイトとかあればしたいのだが。
「働こう」
とか言われると、
野球で監督が「ホームラン打て」と言ってるようなそんな感じで、
打てたら打ってるわ。
って思うのだが。
なんかこの辺ももどかしい。
お金がない。
「お金持ちになればいいじゃない」
なれてたら、とっくになってるわ。
不仲な夫婦がいて、
「仲良くしろ」
仲良くできてたらすでにそうしてるわ。きっと。
サッカーの試合で監督が選手に
「ゴールいれろ!」
ってこんな監督いないよなぁ。
★この辺のアウトとセーフが混沌としている。
でも、私も私が仕事在籍していて、私のような人がいたら、
何の気無しに「働け」というかもしれない。
ウツの人に、「頑張れ」って言ったらいけない。っていう感覚が、私には少しよく分からないので。
私もウツ傾向っぽくなったりするのにだ。
頑張れって励まされているから少しくらい、いいのでは、と思うのだ。
私もきっと「働け」という感覚の持ち主だろう。
しかし、正直、当事者からすると、
ウツの人に「頑張れ」っていうのと、同じくらいにデリカシーがない。
特に私に対して敵対心がない人の
「働こう」は、
正直、励ましか何かその辺だったりすることもあるのだろうけど、
タイミングやいい方によっては、
正直かなりグサッとくる。
カチンともくる。
「働け」と言われた事によって、
よっし!やるかぁ!って思えればいいのだが、
一般的には、返って焦ったりして、
集中力が不安定になる気がする。
これを言われた事によって、
プレッシャーというか、
やっぱこの現状はいけないだヤバいんだという感覚をさらに傷口に砂を塗るみたいな
えぐる感じで自己否定も入るし、
求職の選別の思考に影響があると思える。
受験生に、勉強があーだこうだ。あまり関係のない人に言われれると
気が立ったり集中力をなくす感じ。
でも、そうだからといって、
相手に噛み付いても何も無益で。
ネットとかなら、かえっておかしい人扱いにもなる。
現実に至っては、
無職というのが悪だからおかしくなったんだっていう事にさせられなくもないかもしれない。
本来、就職しないとまずいなって頭があるから神経とがっているので、ピリつきやすいのが人間の正常なのだけど。
そこはグッと押さえないといけない。
私は正常ですよ。(笑顔)
というのを見せないといけないので、
「働け」とか言われてもとにかく感情をぶれないようにしないといけないと思う。
感情がぶれたら、折角真剣に選んでるのに途中で投げやりになってしまう。
それで失敗したらそれは勿体ない。
とにかくこれ系で冷やかされてもトラブっても意味がない。気にしただけ損だ。
以前もネットでだが、
主婦が物見見物のように、就活の話してたら、寄ってきて、「○○、ニートなの?」今の現状とかを聞きたそうだった。
この瞬間イラッとしたんだけど。
デリカシーのなさや、面白半分に聞きよりにきたので、
私は「お前も働いてないじゃん」って感じ返事をした。
そっからその人見ただけで嫌気がさす。
その主婦ときたら、別の人にも寄っては「働け」と偉そうに言っている。
真剣に相談?とかアドバイスをする人は、
【えーなになに?きかせてー】みたいな寄ってき方はしないだろう。
だいたい、言うべく人しか私はこの就活の話とかそんなしないし。
その相手にしか話もふっていない。
私からその話題がその人に出ていない時点で、
私がその人にその話をする相手だとは一つも思っていない。
ここに書いているからといって、何か話を聞いてもらいたいとかのフリでは全然ない。
就活で困っている人がいたらささいな情報交換や励まし合いが出来る程度。
一生懸命仕事や何らかの業(主婦業など)をしているのなら、このblogに立ち止まらないで、それを励めばいいと思う。
■■■
とはいえ、私も空気読めない感じがけっこうあるので、
どこか別の分野でこういう事を、気づかないうちに私自身が相手に向かって言っている事だろう。
まぁこれを期にデリカシー気遣いというのを見直してみようと思う。
マイナスの言葉ってジョークでは面白かったりするけど、
ジョークのつもりでも、やっぱ人を傷付けているシーンもあるので
本当に注意が必要だ。
■■■
この就活blogの文章は、
大衆に分からなくても、就活してる人にさえ伝わればいいです。
その他からは特に同情やアドバイスなど一切求めてません。
しかし、
これを題材に意図的に
けなすのは自由だ。
それはその人の人間の質である。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。