月給、給与の感覚って、
都会と田舎ではギャップがあるようで、
田舎の給与をいうと、
都会人はなにそれ安い
生活できないよといい
結果、
自分の給与の感覚ってどうあるべきなんだ??って思えて来る。
「田舎 給与 いい方」って検索したら、
2ちゃんの田舎の給与に関するスレッドがあって、
それをある程度読んでたら感覚が掴めてきた。
感覚が掴めてきたというか、
やっぱ自分が思ってるとおり田舎は給与がやすい。
<田舎の給与のまとめ>
総額18万円~20万円は、看護師など専門的な資格取得者の求人。
普通に総額12万円、10万円などあり、週6日勤務。これがぼちぼち普通。
総額15万円でもう求職者が殺到するレベル。
求人探すのもハロワぐらいしかない。
求人雑誌があっても同じような求人がのってるだけ。
■■■
都会は、事務職でもいいとこの大卒でもともと自己投資や勉学の努力してそこまでいく。
田舎では給与いいのは、市役所やJAなどの準公務員的なところのみ。
都会の○歳の女性での平均給与300万円というのも、高所得が引き上げている。
自分が思ってた事をスレッドで再確認できた。。
でも全額12万円とかでどうやって一人暮らし出来るのだろうか。。
私の田舎の同世代などは実家暮らしが多いのは事実だが、一人暮らし(家庭をもって独立)してるところもあるだろうし謎すぎる。
都会であっても(都会であると?あるから?)学歴がないとダメなようだ。
月給手取り10万円位(サービス残業的なのいれて8時間の週6勤務、祝日、正月盆休みなし)で、国保で一人暮らし?してる40代~50代の女性が
パート先にいたけど移動原チャだし
すごいカツカツなようだったし。。
本当、不思議だ。日本人ってこれで良く暴れないよな。。
私も30代なって最近になってこういう田舎の給与感覚をつかめてない相場を知らないって不思議だわ。
で、例えば、
月で全額13、14万円の仕事につこうとすると
そんな安いとこではダメだどうやって食べていくつもりなんだと
家族らから言われたりする。
え、じゃあどこいけと…。こういう矛盾を抱える。
私なりの田舎での求人の解釈。
資格を必要としない求人
10万円台は安い
12万円台はぼちぼちある
13万円台まぁまぁいいとするしかない妥協点
14万円台もう少し欲しいがこの辺が手打ち。
15万円台いい方。(ほぼない。)
営業職は他の業種より少し賃金がよかったりする。
介護職は12万円~14万円。もっと安いのもあったかな??
介護を除き
12万円台の仕事らも割りと女性向けの職場であったり、
男性向けっぽい職場は少ないように思える。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。