割りと簡単な交通誘導みたいなパートしている。
就職の求人のほうは、今はあまり見ていない。
就活の活動資金や、仕事決まった時に必要になるお金をためたいのと、
パソコンソフトの勉強とを優先している。
勉強が役に立ってそっちで就職できたら嬉しいがそこまでの技術はまだ遠い。
今は外での仕事なのだが、今日の時点でもう大分寒い。
12月1月などこの寒さ無理なんじゃないかと思う。
外仕事って大変だ。
11月はじめの日光で顔が焼けて、数日で皮膚がはがれ落ちたが、
鼻に日焼け後のシミがたくさん出来てしまった。
これ消えるのだろうか?
タバコなどで肌の奥に見えないシミができるというけど、
それがついに表面化したって感じだ。 もう年なんだなって思えた。
でも不思議ともうどうでもいいかとも思えた。
人は老化して4に向かっているのだと、
成長が終わって、老化が少し進んだあたりから、 考えというか、
優先順位の趣向が変わってきた。
美意識より機能性という思考に変わってきた気がする
。 機能性、内容、中味、正味、現実、実態の重視だ。
「美しさ」と言う形状もあった方がもちろんいいのだが、
年をとると、若い時よりも肌や頭皮は劣化するのは人類みんななので、
避けようがないので、そういった意味での諦めがついている。
それよりも、「何が出来るのか」という技術、器のような、
そういった物の重要性に気づけてくる。それなりの年齢を重ねて、若い時のようにルックスや形、形状、デザイン性だけを身につけて、
なんら技術や腕や知識の深さなど、「美しさ」以外のものを手に入れてなかったら、
なんとなく「今まで何して来たんだろう、この人は」となる。
あと、年をとってもなお「美しさ」を手にいれていたとしても、
たかがしれている。
「美魔女」とかいって50代の女性がどうとか言うけど、
50代はどんなに頑張っても50代にしかみえないのです。
そういう訳で、「美しさ」を追求するより、「機能面、技術、腕など」を重視した方が、時間帯効果、経費対効果、みたいなものが良いと思えるのです。
これは意識的にも、無意識的にも人間が年をとったら、デザイン性より、機能性を追うようになる構造かもしれません。
~~~
パートの交通誘導は、
今のところは楽な方だと思う。
本当の道路の交通整理の仕事って、暑いとき寒い時雨風ずっと立ちっぱなしで、ハードすぎだろって思う。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。