期間限定の3月まであるパートだけど、
求人くらいは見ておくべきだと、昨日から急に思えてきて、
今日はパート休みでハロワに行った。
ハロワはハロワのホームページよりも早くその日の最新求人も見れるし
ハロワのホームページの求人票より、ハロワにある求人検索機械からプリントアウトした方が、
わずかに細かい事がのっているので、
私の取得している資格の求人をプリントアウトした。
なんだかんだで助かるのは所持してる資格のようだ。
消滅したと思ってた滑り止めと心の中で勝手に思っている超ド田舎の求人がまだ出てる事に昨日気づいてそれで、心の中が安心することができた。
どうにもこうにも仕事がなかったらそこに行こうと心が準備というか覚悟というか、
そう思えるようになってきた。
この業界全体的に、こんな低月給の資格なんてとらなくても良かったと思ったりしたけど、
やっぱりすごくありがたい。
今日はハロワに始めて来たのか50中盤後半くらいのおじさんが、ハロワのタッチパネルの検索機の操作方法を職員に教わっていた。
現代っ子なら、説明とか効かないでもその操作方法はきっと感覚的・直観的にに分かるものだが、
パソコン世代でないおじさん達によっては、未知の物であろう。
生まれてたった20,30年の違いがこうさせるのだから、
時代の流れとは怖いものだ。
20~30年なんて地球の歴史規模、宇宙規模などだったら、
それを定規に例えると、ただの1mmもないくらい
今までの歴史の時間を、1日の時間に例えると、1秒もないくらい、ちっぽけなものなのだと思うのだ。
~~~
昨日は、頭の中から吐き気がしたけど、昨日のうちに立ち直れた。
これは、就職活動中に普段よりも健康に気をつかっているからかもしれない。
もしくは、もうある程度人生に諦めがついてるのかも。
30過ぎてから、度胸なのか諦めなのか、武士道の言う「平静」なのか、
困った時にも気持ちが動じる感じがだいぶ減ってきたように思う。
困ったり落ち込んだりはすることはするので、
落ち込んでから、困ってからの回復が早いと言った方が正確か。
「3月入ってから考えて困ればいいや。」と思っていても、以前ならば、そう思った時点でそっから3月まで困り続けてる感じだったけど、
「3月入ってから考えて困ればいいや。」と思ったら、極力、3月まで3月近くまで、その問題を考えないように出来るようになった。(ものにもよるけど)
~~~
昨日あたりに人の話とか聞いててきづいたけど、
みんないっしょなんだなって気づいた。まだ資格とその資格の実務経験があるからマシなんだって気づけた。
がんばろう。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。