昨日書いた就職活動ブログ54でハロワの求人の件について書いたら、
このブログを読んたネットのチャットの人に、
「ハロワの求人にいいのなんてないわ。
いい求人なんて待っても来ないわ。」
続けて、
「お前はサラリーマンは無理」
「お前はメンタルが弱い」
「そんなやつは、わしのとこじゃやっていけない。」
と頭ごなしに言いつけられてだいぶショックを受けた。
就職活動で滅入っている時にこんな追い打ちをかけられるとは思わなかった。
指摘をして下さった人はたまに私のブログを読んでくれていたので、こっちも腹を割ってちょっと話してみたのだけど。
少し信用していた人だっただけに弱ってる人にこんな言い方あるのかって思った。
この就職活動ブログ自体、自分自身を見直したり、
どこか知らない人が就職活動で困っている時に、こんな似たような境遇の人もいるんだなとか、
ちょっとしたなぐさめにでもなればいいかなって思ったりして書いている。
くよくよした文章を書いてなぐさめて欲しいとかそういうのではないです。
「読まれたくないなら、読者規制しろ」との指摘も受けました。。
読むなともいってはないけど、意見してくれとも言ってない。
こういう就職活動ブログを書いて、自分を励ましながらポジティブな方に気分を持って行きながら頑張ろう!ってしてて、
頭ごなしにガンガンデリカシーのないことを言われて、
私も怒ってしまった。
そんな流れで、その人いわく、「ポジティブにいけ」だそうだ。
テンションガタ落ちにさせたのはそっちだろう。。
今日は具合悪くて何もしなかった。
「わしも就職探しで3ヶ月仕事してなかったけど。
あっけらかんとしてたわ。」だそうだ。
これがポジティブの理由のひとつのようだが。
通常の3ヶ月は、まだ失業保険もらう手前だしそりゃ誰だってあっけらかんとしてるわ。
それはポジティブでも何でもない普通だ。
私のことはネホリハホリ聞こうとするくせに、自分のことになるとこっちがあおってようやくしぶって言う。
こんな感じで、
就職活動以外で求職中ってだけで色んな弊害をオプションで受けることになる。
ケガしてるやつにさらに追い打ちかけて
ケガさせるやつの気持ちが分からない。
上から見下したひどいいっぷりぶりを私が指摘すると、「年上だから」を武器に使いはじめたけど、
「年上なら」って、アドバイスと言葉の暴力は違うような。
昔ニュースなった相撲の「可愛がり制度」なのか。
あげくのはてに、「長くてブログ途中までしか読んでいない」。。。。
こいつたんに当たり屋やんけ。
親身な振りしてひどくないか。「年上だから」なのだろうか。
だいたい注意されることはわかってるっていうの。
ダメな人間は自分が一番ダメなことを気づいてるんだから。
それを踏まえたうえで次のステップにどうにか行こうどうにか行こうって
ステップ2へと行こうとする。
その時にだいたい他人は、ステップ1に引きずり下ろすようなそういう事を言ったりする。
ステップ1のことなんて、365日1秒たりともずっと自分といっしょの自分自身なんだから
自分が一番知ってるつーの。
とはいえ、そのひとを言葉で制しても意味ない。
はたから見たらきっと、
ただ就職活動してるやつが、ストレスで
職付いてるやつにワーワーキレてるだけだ。
言い方ってあるよな。
自分自身も気をつけようと思った。
勝手にも信用してた人に傷つけられるとマジきついなぁ。
愛情(友好的な好意)転じて憎しみに変わる感じかもしれない。
どうでもいいと思っている人ならここまで腹立たなかったと思う。
~~~~~~~
正直ハローワークの利用のポジション的なものが都市部と地方ではギャップがあるようだ。
ネット検索したら、
Q:ハローワーク、雑誌などの求人に違いはありますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1515372.html
この質問は田舎のとこの方のようで、質問の答えもわりとハローワークを推してる答えが多い。
確かに給与は少ないのだが、
その中でも自分に合っている合っていない、いいの悪いのあると思うし。
人の意見は、スキルや都市部と地方などけっこう常識(や通常値、デフォルト)としているものにギャップがある気がする。
(求人そのものや求人の探し方、給与などすべて)
今日は、先週面接受けたとこの不採用通知が来た。
夜勤があると事は今のところ嫌なので、決まっても行かないと思っていたけど、
不採用通知来るといくいかないの前に認められてなったというわけで
これはこれでがっかりだ。
はじめに書いた件で、だいぶ凹んで面接を受けたりして就職活動してテンション挙げるように自己暗示していた、テンションがガクッときた。
いい事が起こる。いい事が起こる。と頭で念じるようにします。
この文面もいつか笑える時が来るといいなぁ。
がんばろう。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。