「税務署委託の記帳指導」の時に、

決算必要書類として、

下に書いてある物で該当するものを

準備するように言われていた。

以下、プリントの文章抜粋。

 

==============

【決算必要書類】

(1)預金残高証明書

(2)預金通帳

(3)借入金残高証明書

(4)借入金支払明細書

(5)支払手形内訳明細書

(6)受取手形内訳明細書

(7)売掛金内訳明細書

(8)買掛金内訳明細書

(9)棚卸商品内訳明細書

(10)医療費控除証明書

(11)小規模企業共済掛金控除証明書

(12)国民年金保険料等証明書

(13)地震保険料控除証明書

(14)生命保険料証明書

(15)住宅取得控除証明書

(16)固定資産税課税明細書(市役所)

(17)国民健康保険料支払証明書

(18)その他収入証明(年金他)

※償却資産の廃棄・除却・購入等変更あれば確認。

※年金、保険受取金、各種手当等がある場合、申告の必要があるので源泉徴収票を準備する。

また、配偶者に所得がある場合等についても源泉徴収票が必要です。

※その他、扶養等変更がないか確認をお願いします。

※1月中には準備をして下さい。

 

===============

というとこでした。

 

 

(1)~(18)までありますが、

これらを全部準備するのでなく、

事業内容など自分の環境などで、

必要な書類はだいぶ減ります。

 

私の場合は、

上記のうち当てはまるのは、

(1)預金残高証明書{※「預金残高証明書」これは不要だった}

(12)国民年金保険料等証明書

(17)国民健康保険料支払証明書

(18)その他の証明書(年金他)

が必要そうだなとこの時思っていました。

 

結果を言うと、

銀行へ行き、「(1)預金残高証明書」を

発行してもったのですが。(有料)

「(1)預金残高証明書」は不要でした。(T_T)

 

 

続きの話はこちら

確定申告の関連【決算必要書類】2

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。