【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(2)

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



<おおまかな看板書くまでの流れ>
パソコンのWordなどの
文書作成ソフトで文字を書く

★A4プリントにプリントアウト
(場合によっては、コピー機にてさらに拡大)←今回は、主にここを説明しています。


看板に下書きとして、
看板にカーボン紙で
プリントアウトした文字を複写する。

看板に下書きしたら、
下書きした文字の
縁(ふち)をマスキングテープで囲む。

囲んだ部分を、
ペンキ用のローラーでゴロゴロと塗る。

ペンキが渇いたら
マスキングテープをはぐ。

絵筆で、
塗れていなかった部分などを整えていく。

ペンキが乾いたら完成。
========================
さて、
[過去記事:【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(1)]
では、
看板に各文字の
デザインについて触れました。
車で40~50キロで通過しても、
「あ。あそこは鍼灸院をやっているんだな。」っていうのが、
知人でない人でも看板を見て
認知できるような見やすいシンプルな看板を作りましょう。

そして、
パソコンで文字を打ち
アイデアが決まったら、
プリンターにてプリントアウトしましょう。
A4のプリント1枚づつに
看板にのせる文字を
1文字づつプリントアウトしていきます。
【プリントアウト時のポイント】
★文字の外の縁だけ黒で
文字の中は白(「中抜き」という。)でプリントアウトした方がよいです。
Wordでいうと:文字をドラッグ→右クリック→フォント→「中抜き」→OK
中が真っ黒の大きな文字を印刷するのは、
インク代の無駄です。
はじめ、それを分からずに
試しにいろんな書体で、
中も真っ黒な文字をプリントアウトし続けて
プリンターのインクがだいぶ減りました。((+_+))


A4プリントサイズ
1文字を最大限のサイズに引き伸ばしても
看板に対して、
文字が小さいと思った場合は、
コンビニ等においてあるコピー機で、
倍率をほどよく変えて拡大コピーします。

———–
私の場合は、
看板が、縦長の看板で縦が150cm位・横が45cm位の看板だったので、
A4サイズで1文字分だと
わずかに小さかったので、
スーパーにあるコピー機でコピーしました。(そこはコピー1枚5円だったので。)
———–
はじめに看板に
1文字が縦何センチ・横何センチの文字が最適か
思った大きさの四角に切った段ボール等を
看板に試しに貼って
1文字1文字の大きさが看板にとって適切か確認してみましょう。
【例えば】
「タロウ鍼灸院」としたい場合、
6文字なので6文字分の
四角に切った紙を
看板に仮にはって見てみるのです。

この時に、1文字の大きさが
縦30cm×横30cmの文字の大きさが
適切だなと「仮」に決定します。。
仮に決定した、文字の大きさで
パソコンから文字をプリントアウトしてみます。
A4プリント1枚では、横30cmの文字が
プリントからはみ出るため
A4プリント1枚には印刷できないので、
コピー機で文字を拡大。
仮決定した、
縦30cm×横30cmになるように
倍率をあげてB4やA3プリントにコピーします。
(何倍か自分の勘で決めるので何度かコピーすることになる。)

コピー機で拡大コピーしてできたプリントを、
また看板にテープで軽くはって
このサイズでいいのか
確認します。
貼ってその場で見ると、
いいのか悪いのかよく分からないので、
離れて遠くからみたり、
道路の反対側から見たりして
見やすさを確認します。

できれば、
一回仮にはったプリントをはいで
また別の日にテープで貼って
同じように
遠くから見たりした方がいいです。
数日、日をおいてみると、
見た時の感じ方が違うものです。

——–
デザインをする人とかは、
出来上がった作品を
日をおいて再度みて手を加えたりします。
——–
↓↓↓
こうしてようやく、
看板に下書きする用の文字のデザインが完成です。
これをカーボン用紙で看板に転写していきます。

今回はここまで、
次の工程は、【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(3)へ
今後、書いていきます。

================================
【おまけ】
↓↓↓
ブログでは、看板作成の解説の途中ですが。
看板もできあがり、
患者さんも受け入れて施術するようになってからの話です。


パート・鍼灸院ともに休日だった時の事。
鍼灸院用に押しボタンのチャイムを買った。
外からボタンを押したら、電波(50m以内)で
別の場所の送信機にピンポンがなるというやつ。
この電波の届き具合を確認した。
あとは1日休みなので、
今日はゆっくりなにもしないどこう。って思って。
そしたら、まさかの客が来た。
近所の人が、
『道路沿いにある「私の鍼灸院の看板」を見かけて来てくれた』
感動した。
今日は鍼灸院のの定休日だけど、
速攻で開けましたw
本当、本心は宣伝もしてないのに
『看板を見て』来てくれるとか
すごく嬉しくって、
来た人に「今日は、ただでいいです!!」って
言ってやりたいんだけど。
だけど、それでは、事業にならないので。(笑)
こんな感じで、看板を見ている人は多いです。
『看板見たよ』って人は、
けっこういます。
看板の立てている道路を通勤や買い物などで
いつも使う人の
ほとんどの人が
「ここは鍼灸院をはじめたんだな。」って認知します。

(来る来ないは、別です。(@_@))
なので看板は見やすい看板
文字が読みやすい看板を作りましょう。

—————

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ