【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(3)

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



<おおまかな看板書くまでの流れ>
パソコンのWordなどの
文書作成ソフトで文字を書く

A4プリントにプリントアウト

★看板に下書きとして、
看板にカーボン紙で
プリントアウトした文字を複写する。←ここの説明と

★看板に下書きしたら、
下書きした文字の
縁(ふち)をマスキングテープで囲む。←ここの説明について今回は書いてます。


囲んだ部分を、
ペンキ用のローラーでゴロゴロと塗る。

ペンキが渇いたら
マスキングテープをはぐ。

絵筆で、
塗れていなかった部分などを整えていく。

ペンキが乾いたら完成。
==========================
過去記事:【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(2)

の次の工程です。
★看板に下書きとして、
看板にカーボン紙で
プリントアウトした文字を複写する。
↓↓↓
看板用の板に、
プリントアウトした文字を
カーボン用紙で転写していきます。
カーボン用紙は、100円ショップにあります。
A4サイズのカーボン用紙が5枚入っているものを買った。
看板作成までに1枚~2枚のカーボン用紙で済みました。

カーボン用紙をしいて、
看板に転写していく時の【注意点として】、

ちゃんと【文字】が平行になっているか注意しましょう。
場合によっては、
パット見分からなくても、
パソコンのプリンターやコピー機を使った時に
印字と紙が若干斜めにずれて
プリントアウトされていたりもします。
すでに、看板が立ててある状態での
カーボン用紙による転写は難しいかもしれません。
筆圧をいれて書かないと
濃くうつらないため
筆圧を加えてなぞるわけですが、
そうしているうちに用紙が
ずれていたりするので慎重さが必要です。
文字の直線のところは、
もちろんフリーハンドでせず、
定規で引くなどした方がいいです。

転写した文字が薄い場合は
油性ペンなどでなぞっておくとよいです。
作業中に看板を触れているうちに
カーボン用紙で転写した部分が
見えなくなっている事も考えられます。



看板に文字を転写しましたら、
次の工程、
↓↓↓

「★看板に下書きしたら、
下書きした文字の
縁(ふち)をマスキングテープで囲む。」
下書きした文字の周り(ペンキで塗りたい部分の外側)を、
マスキングテープで囲っていきます。

マスキングテープは幅のサイズがいろいろ売られています。
幅がある程度広いマスキングテープの方が使いやすいです。
思ったよりけっこう使うので、
テープ3~5本はあった方がいいかもしれないです。

文字は直線のみでなく、
曲線部分もあるので曲線部分は
薄くカッターで切り目を入れて、
下書きした通りの文字に切り抜いて行きます。
(けっこう細やかな作業。)
さらにマスキングテープの外側には、
ペンキをローラーで塗っている時に
ペンキがつかないように
新聞紙をテープで貼りつけていきます。

ここまで、出来たらあとはペンキで塗って行きます。
今回はここまで。
次の工程は、【鍼灸院用の看板】を【自作】で作ってみた。(4)へ
今後、書いていきます。
=============================
【おまけ】
↓↓↓
看板は、
背面の白色を一色塗って、
次の日文字の黒色1色という風に塗っていました。
1色が完全に乾いてからからでないと、
色付けが難しいというのと、
出来上がりを少しづつ進めて様子を見ながら自作で看板を作成していました

—-
で、看板の上の方に
自分で考えた鍼灸院のロゴマークみたいのつけたくて、
私の場合は、
もうすでに立っている看板を塗りかえたので
手が届かないもんだから、
別の看板用の板(4枚セット売りで6000~7000円だったと思う)
を通販で買ってきて、

それをロゴマークの形に切り取り、
ペンキで色塗って作ってみた。
強力なスプレーのり(1500円前後)も
ホームセンターで買って、

各材料いちいち自分なりに厳選して、
いつもどおり結構時間かかって
で、いざロゴマークを看板の上部に貼ってみたら、
今まで字と矢印だけの看板だったんだけど、
何だかダサい。
なんだこれは、なんかダサいぞ。。。
うーん。
ベリッってはいでやっぱ貼るの辞めた。(;一_一)
だせぇ。。。
つか、これのためにお金と時間使っちまった。。
なんか付ける前からダサい気がして、ためらってたけど。
どうでもいい事で足踏みしてた自分。(-_-;)
なるべく直接、金に成ることにお金を使うべきだと目が覚めた。(@_@)
看板より施設内の質の方が先だ!(@_@)

失敗もやってみないと分からないです!
———-

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ