患者さんとの会話の仕方(1)

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



患者さんとの会話の仕方について書いていこうと思います。
私はもともと、そんなによくしゃべる方ではないし、
学校卒業して、鍼灸院で勤めはじめたとき、
患者さんとの会話をなにをしゃべっていいのやら
よく分からなくて、
よく雇い側の院長から、「もうちょっと患者さんとしゃべるように」と
患者さんがいないところで注意をよく受けていました。
鍼灸院で働く場合、
患者さんと施術時間の間分、
施術時間が30分なら20~25分間くらいしゃべらないといけない状態でもある。
これは、師匠となる院長の施術スタイルにもよるのです。
院長が、施術中は黙って施術に集中しないと、
「気」が入らないという感じの先生もいらっしゃいます。
私のところの師匠(院長)は、施術中会話をしながら、
鍼をするスタイルでした。
<会話をしながら鍼施術する理由として、>
◆黙ってもくもくと、施術していると患者さんも
(この鍼灸師は何を考えているのだろう)と怖くなったたり、不安になったりする。
◆会話をする事によって、患者さんの緊張がほぐれる。
◆高齢者は、鍼施術だけでなく会話などのコミュニケーションを楽しみに来ていたりする。
などです。
実際、開業を考えてる鍼灸師ならば、
◎患者さんとの会話の能力と言うのは必須だと思います。
お医者さんのように、黙ってもくもくと出来ればいいのですが、
鍼灸院などは患者さんとのコミュニケーションもなくてはならないです。
鍼灸院に入って、鍼灸師がムスッとして黙ってしずかすぎるとお客さん(患者さん)も
寄ってきづらいのは想像すればすぐに分かります。
しゃべると言っても、
テレビタレントの明石屋さんまさんのようにベラベラしゃべり続けなくても大丈夫。
しゃべりすぎず、しゃべりかけやすい感じや、にこやかな感じであれば、
いいと思います。
とにかく暗く押し黙った感じは、
修業中のときに改善しないといけないでしょう。
開業したら、人柄というの鍼の腕よりも物を言うようになります。
特定団体の悪愚痴や、なにかの批判的な言葉は言わないと言う事も必須。
患者さんの中にはいろいろな団体などに所属している方もいらっしゃいます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




8 Responses to “患者さんとの会話の仕方(1)”

  1. たけちゃん より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    独立を考えており、ブログ参考にさせて頂いてます。
    これから鍼灸学校に通おうかと思ってますが
    学校を選ぶ基準などあれば教えて下さい。
    それと私は鍼灸一本で考えてますが、ブログに記載
    されてるように、相当厳しい状況でしょうか?
    仮に腕を上げても、それだけでは経営としては
    難しいでしょうか?
    資格取得に400万くらいかかるので
    かなり慎重になってしまいます。
    ただ厳しくても、私はやりがいを持てる仕事を
    したいと思っております。
    その考え自体も甘いでしょうか?
    宜しくお願い致します。

  2. はり灸太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [太字]たけちゃんさん[/太字]コメントありがとうございます。
    鍼灸師によって言うこと違うと思いますが、
    私自身の意見を書きます。
    私自身はあまりおすすめしません。
    鍼灸師になりたいのなら、マッサージ師もいっしょにとっていれば、
    将来的にはわかりませんが、
    今現在は、ぼちぼち病院などの地盤の安定した就職先があります。
    私は、マッサージ師の資格を持たない鍼灸師なので就職探すのが大変です。
    自営以外でのつぶしがききにくい。
    マッサージのある学科は倍率が高く合格するのが大変かもです。
    オススメしないと言われても、
    どうしても鍼灸師になりたい、
    鍼灸師になりたいと熱意があるなら、
    「はり師」、「きゅう師」、「あん摩マッサージ指圧師」
    の資格が一気に取れる学科にはいるといいと思います。
    ◆似たような?治療系リハビリ系の資格の資格として、
    理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
    は、病院など安定した地盤で働けて、病院等で雇われる鍼灸師やマッサージ師より給与もいいです。
    開業権は、なかったように思いますが、
    病院で培った技術で、
    お金持ちをターゲットに自由診療でリハビリしている理学療法士だか、作業療法士もいると聞いたことあります。
    独立開業も視野にいれたいのなら、
    「柔道整復師」
    と言う資格があります。
    整骨院が開業できます。
    あと、たまに病院などでも求人が出てますね。
    柔道整復師には、独立して、整骨院を自分ではじめたとして、保険診療をとりあつかえるというメリットがあります。
    鍼灸院で保険診療を行う場合、
    医者の同意書が必要だったり、診療機関に制限があったりと、制限がわずらわしく、保険診療されない鍼灸師もボチボチいます。
    地域によっては、医者の同意書がとりづらいところもあるようです。
    鍼灸師って珍しい資格だから狙い目の職業に思われがちですが、
    結構飽和状態にあると私は思っています。
    毎年、全国から5000人前後の鍼灸師が生まれているようです。
    上記に挙げた資格を、図書館に資格の本とかあるので、
    そういうので見てみたり、ネットで調べたりして考え直すものいいかもしれません。
    独立してうまくいってる鍼灸師さんとかに
    憧れや将来の可能性を見出したのかもしれませんが、
    どの業界だって、とても成功している人はいるものです。
    「整体師」ならば、通信教育でもとれるようですし、
    自営業をされて成功している方もいらっしゃいます。
    [太字]たけちゃんさん[/太字]が
    何歳でどこの地域の方とか、資金とか、コミュニケーション能力や人脈・顔の広さによっても変わってきますが、
    考える時間がまだあるとするなら、
    なんで鍼灸師になろうと思ったのか、
    自己分析してみてはどうでしょうか?
    独立開業したいからが理由だったとすれば、
    鍼灸師以外に、
    理容師(国家資格)、美容師(国家資格)、柔道整復師(国家資格)、整体師(民間資格)、カイロ(民間資格)などありますし、
    医療系で働きたい、病院などで勤めたいとすれば、
    看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、などなどたくさんあります。
    こんな感じで、もっと細かく
    どうであるから、「鍼灸師」という仕事や資格に目が言ったのかを考えるべきかもしれません。
    ご実家が鍼灸院であるのなら、選択や自己分析の余地などないかもです。
    私は、むやみに[太字]たけちゃんさん[/太字]の将来の夢を閉ざすことは考えてません。
    他にも2チャンネルとかの鍼灸師のスレッドの書き込みなどの悲惨な感じも割りと当たってると思います。
    ハローワークの求人で、それぞれの資格を持ったつもりになって、
    それぞれの求人を見てみるのもいいでしょう。
    とはいえ、
    どの職業・資格でも似たような大変なことや事情はあると思うので
    自分が、いいと思った職業が一番いいです。
    万が一、自分が失敗したとしても納得いくからです。
    現代は、インターネットで何でも調べられるし、
    よく調べるということはとても重要です。
    話がとびとびとかだったかもしれませんが、
    思いついたことをジャンジャン書いてみました。
    間違いもあるかも知れませんので、
    気になったワードはネット検索なりして下さい。
    私以外の
    他の鍼灸師さんのブログなどでも
    遠慮なくコメントとか書いて意見を聞いてみたほうが絶対いですよ。
    400万円かけるってデカイ事ですから。

  3. たけちゃん より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はり灸太郎さま
    的確なアドバイス有難うございました。私が鍼灸師を目指そうと思ってる理由は、自分が脊椎炎の持病があり、鍼灸治療で一時でも
    痛みや慢性疲労が取れて、それが心にも影響してきたからです。
    自分も苦しんでいる人を少しでも助けると言ったら横柄ですが
    力になりたいと思いました。
    イメージはご指摘頂いた通り、鍼灸一本で結構流行っている治療院
    だったので、私もやるならそうしたいと思った次第です。
    ただ、確かに合格率を見てもそうですけど、鍼灸師って飽和状態
    だと思います。巷にはカイロ・整体・接骨院などライバルも
    多いですし。
    今までは営業職をやってきましたが、一生していく気には
    なれませんでした。少々経済的には苦しんでも良いので
    やりがいのある仕事をしたいと思っております。
    それが、鍼灸師にあるのではないかと思いました。
    気持ち的には、どうせ今は月収10万です。
    そしたら、鍼灸師でもそのくらいは稼げるだろう。
    (もちろん相当な勉強は必要だと思います。)
    だったらやりたい事をやりたいと思ってます。
    でも一つだけ懸念が。
    鍼灸師を目指したいと言ってる割には
    鍼が苦手なんです。
    過去に思いっきり首筋ですが、奥まで刺されて
    それ以来恐怖症なんです。
    そんな自分に鍼を刺すことが出来るのか?と考えてしまいます。
    最後に、資格取得に400万。
    学校関係者はもちろん、それくらいという感覚で
    勧めてきますが、私にとっては大金です。
    仮に奨学金を受け取る事が出来たとしても、完済するのが
    50過ぎです。こんな事で不満を言ってるようでは
    この資格には向いてないのでしょうね。
    きっと鍼灸師の方は、それくらいの覚悟でされてるのだと
    思います。私はその最後の決断が出来ません。
    やりたい、でも本当にやりたいのか?
    その狭間で彷徨ってます。
    困ったものです。

  4. はり灸太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [太字]たけちゃんさん[/太字]コメントありがとうございます。
    ◆基本、首は鍼は禁忌(鍼をしない部位)と授業では習います。(確か。。)
    実際は、私も患者さんに首に鍼をするのですが、浅く刺しますね。
    通常、首に深く刺すことはあまりないと思います。
    その鍼灸師の先生や患者さんの症状によって、
    鍼灸の仕方は違いますので何とも言えません。
    その先生のが悪いと言ってるのではなく、
    それぞれ先生によって鍼の仕方は違い、
    基本的には首には鍼しないというのが授業で習うような基本です。
    基本的な鍼の打ち方をしていれば、恐怖を感じる事はないと思います。
    有名な先生で、「超浅刺」とかいって、
    1mmも刺さないようなものすごく浅く刺す先生もいます。
    ◆自分自身に鍼を刺すのが苦手という、鍼灸師も知り合いにいますよw
    まぁ、自分自身の身体にも練習で鍼させた方が
    いいことはいいのですが。
    世間には、魚が嫌いな魚屋さんとかもいますし、
    お酒が苦手な飲み屋のママとか、
    テレビで見ましたが、チョコとクッキーしか食べない変色なのにプロの料理人とかいますし。
    サッカー観戦者とサッカープレイヤーの違いかもしれませんね。
    ◆私の場合、鍼灸施術など受けたことも、見たこともないくらいで学校に入学しました。
    「自分で自営業できる仕事」と「自分でお店を作る時なるべく低い資金で開業できそうなもの」で、
    親が整体のような民間資格持っていたことから、
    こういう人をマッサージなどで癒す仕事をしたくて、
    (自分でボチボチできるかな~という思いもありました)
    はじめは自分の右手左手だけあれば仕事ができるイメージで
    「あん摩マッサージ指圧師」になりたかったんですけど、
    「あん摩マッサージ指圧師」のある学科を受験したら、
    不合格で第二志望で、マッサージ師の免許はとれない「はり師、きゅう師」に行くことになった流れで鍼灸師になりました。
    こんなかんじで、流れで「鍼灸師」になりましたが、
    こういう感じで私みたいに、
    「鍼」や「灸」に特別な意気込みのない形で入学して鍼灸師になる人もけっこういます。
    [太字]たけちゃんさん[/太字]は、私よりは鍼に対しての意気込みがあるようですし、
    鍼灸師をめざしてもいいかもしれませんね。
    [太字]鍼灸師を目指すなら、とりあえずは、
    3年で「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」の3つの資格がとれる学科を受験して下さい。[/太字]
    「はり師」「きゅう師」だけとれる学科より授業料が少し高いですが、
    「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」まだ将来性があると思っています。
    (受験の時の倍率が高いです。)
    ===========
    「鍼治療の仕事にたづさわる方法」として、
    別の考えとしては、
    「柔道整復師」になって、整骨院を開業して、
    「鍼灸師」を雇うという方法もあります。
    しかし、人を雇うとなるとそれはそれで大変そうですね。
    ====
    [太字]たけちゃんさん[/太字]、
    隠していたわけでなく、
    ブログには後々書こうと思っていたのですが
    実は私、このブログに書いてる開業した鍼灸院を経営不振で廃業しています。(^_^;)
    修行中にためたお金も開業資金にまわしたりしたので、今とても金欠です。
    まぁ、私が、[太字]たけちゃんさん[/太字]の兄弟や家族だったら、
    「好きなことした方がいいから、それ(鍼灸学校)行ってみたら?」
    って言ってますけどね。
    でも鍼灸以外で、
    こんなの仕事で出来るはずがないと心の奥で打ちけしてる
    「もっと好きなこと」や「もっと興味のあること」があるならそっちをした方がいいです。
    例えば、アクセサリーを手作りしてインターネットで売りたいだとか、
    ウェブの知識はそんなないけど、ウェブデザイナーとかなんとかになりたいとか、
    バイオリン作る人になりたいとか、
    心の中ではしてみたいけど、そんなの出来るわけがないよなぁって
    心の中で打ち消してる事ないですか。
    何か一つに400万円使うとすると、けっこう色んなことができると思う。
    ◆仕事で営業経験あるとどんな分野でも経験が役に立ちそうですね。
    頑張ってください。

  5. たけちゃん より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はり灸太郎さん
    実際起業された方からのご意見大変参考になりました。
    有難うございました。
    マッサージは頭にありませんでした。
    でもこれからのニーズを考えると
    取っておいた方が良さそうですね。
    その反面、鍼一本で勝負したいというのもありますが。
    とてもじゃないですが、本科の試験に合格する
    頭もないと思います。(苦笑)
    恐らく、恐らくですが、私は色々な職業を経験しました。
    こんなに転職出来るのかってくらい職を変えてきました。
    その中で、鍼灸師というのに興味を持ちました。
    きっとはり灸太郎さんが仰ってる、後悔のない仕事だと
    思います。
    ・・・だったらやれよって感じですが。(笑)
    今までは資格を取っても40万が最高でした。
    今回はその10倍。
    しかも3年も通わなくてはいけません。
    体力的に持つのかという事が問題です。
    実はうつ病も持ってます。
    田舎の学校ですと、設備がどうしても
    見劣りします。なので同じお金をかけるので
    あれば、都内の学校に通いたいと思ってます。
    まだまだお聞きしたい事はありますが
    今回はこの辺で失礼します。
    有難うございました!(_ _)

  6. はり灸太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    たけちゃんさんの
    生活が、よい方向に進むことを願っています。^^

  7. 匿名 より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も同じく儲かる人はコミュケーションが凄く上手いです!私の鍼灸院はマジシャンがいます話しやすい優男なマジシャンです手品はコミュケーション力を鍛えられると言ってました。これからも頑張って下さい

  8. はり灸太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。(*^_^*)
    コメントの公開承認がうまくできなくてコメントが公開できません。(汗)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ