乳幼児にビタミンDの欠乏症が増加している。

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



2014年5月中旬ごろ新聞で見た気になった記事を
自分の文章でまとめてみました。
記事が気になったら、さらに詳しく調べてみるといいかもしれません。
◆◆◆◆◆
<乳幼児にビタミンD欠乏症が増えている。>
その原因となりうるものは、日光浴の不足、食事の偏り。
ビタミンDは、食事でとったカルシウムを小腸で吸収するのを促進する。
そして、腎臓を通りカルシウムのの再吸収も促進する。
つまり、ビタミンDの欠乏は、血液中のカルシウム濃度の低下させてしまう。
ビタミンD欠乏であらわれる症状は、「低カリウム血症」や「くる病」。
くる病は、栄養状態が貧しかった時代の病気と考えられてきた。
~~~~
<ビタミンDが赤ちゃんに足りないと>
1歳未満の乳児・・・・全身性のけいれん、頭蓋骨の軟化などの症状(ビタミンD欠乏性低カルシウム血症)になる可能性がある。
1歳過ぎの幼児・・・・1歳過ぎの幼児には歩行も始まる。O脚、低身長などを特徴とするビタミンD欠乏性くる病になる事も多い。
~~~~
<いつごろから増加しはじめたかというと、>
2000年ごろからビタミンD欠乏症の患者が病院に増え始めた。
それ以前は、病院はビタミンD欠乏症の患者さんを診ることはほとんどなかった。
海外でも2000年代に入り、欠乏症に関する論文も年々増えてきており、
世界的な患者の増加を示している。
<ビタミンD欠乏を予防するには?>
◆食事の偏食による栄養の偏りがある場合は、栄養バランスを考えた食事をとる必要がある。
アレルギーやアトピーで卵や魚を制限してる子どもには栄養に対する配慮が必要。
◆ビタミンDは食事からとる以外に、日光を浴びることによって皮膚で合成される。
近年は、日焼けするとシミになる。日焼けしすぎると皮膚がんになる等の考えや美白ブームなど、
紫外線対策を行う人が増えてきた。
今では、赤ちゃん用の日焼け止めクリームまであるくらいだ。
住まいの都道府県によって適切な日光浴の時間は異なるが、例えば、関東などでは、夏は1日10~15分、冬は1時間くらい日光浴をする事が望ましい。
~~~
◆乳児は母乳栄養ばかりだとビタミンD欠乏症をすることもあるという考えもある。
母乳は免疫機能を上げたり、母と絆が深まるなどメリットが多いが、
人工ミルクより母乳はビタミンDの含有量が格段に少ない。
母乳栄養の過度の推奨で、ビタミンDの不足につながった可能性もある。
(ビタミンD含有量としては、100グラム当たり、粉ミルク9.3マイクログラム、人乳0.3マイクログラム)
(※1マイクログラムは100万分の1グラム)
↑↑↑
※母乳に関しては、ビタミンD欠乏のめんのみから考えると、
こういう考えもあるようです。
母乳が悪いと言ってる訳ではないので注意。
~~~
ほどよい栄養や日光浴からビタミンDをとることも意識していれば予防ができるようだ。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ