「施術用ベッドの高さ」について

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



「施術用ベッドの高さ」について。
施術用のベッドの高さって
どの位が適正なのだろうか。
そりゃ低い方が、背の小さいおばあさんの患者さんには
ベッドに乗りやすくていいのですが、
あんまり低いと施術者が施術する時腰が痛くなったりする。
施術者が治療しやすいようにとベッドの高さが高いの買うと、
今度は背の低い女性高齢者などはベッドにのぼることや、降りる事が大変になる。
◆電動ベッド買えたら自由に高さを調節できるのでいいのだけど
「鍼灸用具通販のメイプル名古屋」でも安いので16万円前後する。
電動ベッド買ってからメンテナンスとか必要になってくるだろう。
故障した場合は困る。
私が修行してた先の鍼灸院は電動ベッドでしたが、数年経った電動ベッドだったせいか
年に1,2回動かなくなり業者に着てもらい修理してもらっていました。
メイプル名古屋で一番安いベッドがこれだったと思う。
————-

DXマッサージベッド TB-908画像

DXマッサージベッド TB-908
↑↑↑
(このワードでググってみて下さい。)
製造元リファレンス : kmcTA-001

カラーが18色選べて
ベッドの高さも40cm~70cmまで5cmきざみで選べる
ベットの長さ170cm、180cm、190cm。
ベッド幅は、50cm~70cmまで5cmきざみで選べます。
(長さや幅をMAXで注文しても値段いっしょ)
————-
◆ベッドの色は治療院開設者の個人の趣味でいい。
◆ベッドの長さは男性で175cmくらいの方もいらしゃるので、180cmか190cmがいいと思われる。
治療院の部屋の広さも考慮する必要がある。
◆ベッド幅は、広いにこしたことがないと個人的には思う。
年配の方はうつ伏せになってもらう時に、ベッド幅が狭いと転げ落ちちゃうんじゃないかって思える時がある。
そうでなくともふくよかな体系の方はベッド狭いと困る。
これも治療院の部屋の広さも考慮する必要がある。
◆ベッドの高さは、一番悩む。ベッドが低いと、施術者が腰痛くなるし、ベッドが高いと患者が上り下りが大変。
私は実はこのベッド買ったの事があるのだけど、その時は、色はスカイブルー、長さ180cm×幅70cm×高さ65cmのを買った。施術者(私)身長175cmです。
高さ65cmを買ったのですが、施術はしやすかった。
しかし、年配の背の低い高齢者が上りづらそうでした。
ベッドから降りる時も、足グキッってやらないか心配になります。
私自身、ベッドの高さはどれが正解か分かりませんでした。
ベッドが高い場合は、
——–
ホームセンターにあるような木製の足の踏み台があるといいと思いました。
これはネット通販より現物を見て買った方がいいかもですね。
ネット通販もいいですが、
ホームセンターに安いのがあったりします。
滑らなく、製品の角でケガしにくそうで、倒れにくそうなものがいいですね。
ちょっと広さも広めがいいのかな。
———
患者さんの中には有孔ベッド(顔の部分に穴が開いたベッド)がいいって言われてる方もいました。
低いベッドを買った場合、
ベッドの上に半分お尻を乗せた形で座るって言う手も
あるのですが、
施術者の先生によっては、患者さんのベッドに座るなんてダメだ!って方もいらしゃるでしょうね。
ベッドのカラーはだいたいベッドシーツやタオルかけるでしょうから、
あんまり気にすることないですが、
ギラギラした色より落ち着いた色がいいかもしれないですね。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ