税務署へ
「平成24年分の確定申告」の書類を提出したあとすぐに
市役所(税務課)へ行った。
過去記事:「「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」の封筒郵便届いた。」


「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」のやつだ。
(通称、市民税県民税の申告というようだ。)
=============
上記の過去ブログ記事の時に
郵送された案内の冊子に
<「市県民税・国民健康保険税・介護保険料」の申告に持参していただくもの>として、
9項目書いてあって、
私に該当してそうなのが
(1)◆「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」(同封のもの)
(2)◆印鑑(みとめ印で結構です。)
(3)◆給与・年金を受給された方は源泉徴収票(給与所得がある方で源泉徴収票がない場合は、支給明細書等でもかまいません。
(4)◆農業(自家消費だけで販売のない方も含む)・自営業等の方は収支計算書など収入・経費の内容を確認できる書類や領収書等 ※農協と取引のある方は取引額証明書を取得のうえ御持参ください。

の項目の下線部分が私に該当している感じ
だったので、
これの準備をして今日、市役所に行った。
———–
<準備として、>
(1)の用紙は、、「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」(白地の紙に青色の文字のプリント1枚)
に用紙上部に「氏名や住所、電話番号、職業」とか記入するところがある。
あと名前の横に印鑑押すところに押した。
(2)の印鑑は大丈夫として、
(3)の給与(パートでの収入)の関係については、源泉徴収票のコピーと、パート先のネットの電子明細書のページを自宅でプリントアウトしたもの。(月ごとの給与明細書)
を準備した。
(4)の、自営業等の方は収支計算書など収入・経費の内容を確認できる書類や領収書等というのが、いまいち分からなくて、
確定申告の控えの書類を持っていく事にしていた。


なので、
税務署(確定申告)→市役所(市民税県民税の申告)
という順番で
行ったのです。

=============
【いざ、市役所へ市民税県民税の申告へ】

「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」(白地の紙に青色の文字のプリント1枚)
に用紙上部に「氏名や住所、電話番号、職業」とか記入するところがある。
あと名前の横に印鑑押すところに押したやつを、
市役所(税務課)の職員さんに見せて

「税務署に提出した書類の控えに税務署の受付のハンコを押された書類」を
見せたら、


市役所の職員さんが「確定申告いかれたんですね。」
といい、
私の名前や印を押した書類「平成25年度 市県民税・国民健康保険税・介護保険料 申告書」

市役所の職員さんが受け取って

終了だった。
===============
時間は、3分もしないで終わった。
確定申告を済ませて行けば、
こんな感じでいいみたいです。
確定申告と
市県民税の申告とは、
期限が同じ3月15日までだけど、
別物っぽいですね。
たぶん。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。