2040年(27年後)働き盛りの中年・鍼灸師はどうなっているか?(団塊の世代を考える)

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



<団塊の世代を考える。>
団塊の世代は、
「第一次ベビーブームの
1947年、1948年、1949年生まれの3年間に生まれた方々」を
団塊の世代といいます。
----------------
2013年(平成25年)で団塊の世代の方々は、
1947年(昭和22年)生まれ→66歳
1948年(昭和23年)生まれ→65歳
1949年(昭和24年)生まれ→64歳
になります。
※ちなみに私(鍼灸師)は、30代前半。
---------------
↓↓↓
20年後は、
↓↓↓
---------------
2033年(平成45年)で団塊の世代の方々は、
1947年(昭和22年)生まれ→86歳
1948年(昭和23年)生まれ→85歳
1949年(昭和24年)生まれ→84歳
になります。
※ちなみに私(鍼灸師)は、50代前半。

---------------
不謹慎な話になるかもしれませんが、
人口の多いとされている団塊の世代の方は、
このあたりの年代で介護施設などを利用するか
もしくは多くの方が御他界されていると予想されます。

現代は、日本は長寿の国というイメージかもしれませんが、
今後、日本人の寿命は短くなる傾向にある
どこかのデータで見たことがあります。
(化学調味料やファストフードの影響などと言われている。)
こういうデータから御他界などを予測できる。
私たちが今大事なターゲットにすべき
お客様の世代って団塊の世代であると思うのですよね、
その命の源というか、
主力のターゲットの世代が
20年後には暗雲立ち込めている状態です。

19年後までは安全で、20年後にダメって事はないですよね。
ジワジワこういう傾向に染まる訳です。

今繁盛している鍼灸院でも、
統計的に20年後の患者さんは確実に減ってしまいます。

その時、あなたが運営している鍼灸院は笑顔でいれているのでしょうか?
========================
私たち鍼灸師がしないといけない事は、
本業の鍼灸院の繁栄はもちろんなのですが、
鍼灸業務以外で別のアクションをしないとならないのです。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ