「今から鍼灸学校に入ろうと思っている方」に向けて書いてみました。
私の個人的な考えが文章の
ほとんどを占めているかもしれませんが、
実際、鍼灸師になった私が言うので参考になるはずです。

先に言いますが、
「鍼灸師」になるなと言ってるわけではないです。
「鍼灸師」なるなら、「先々、覚悟を決めて良く考えてなった方がいいよ。」
と言いたいです。

「周りに大きなサポート(業務上のスポンサーなど)してくれる人」や
「親のあとつぎで鍼灸師をする人」等なら鍼灸師になってもいいと思います。
「誰のサポート(業務上のスポンサー)もなく、今まで畑違いの業種でこれから鍼灸師になろう」って方は要注意です。
以下をよく読んでください。m(__)m
—————————————————————–
【鍼灸・按摩・指圧マッサージ師】
まず、鍼灸・按摩・指圧マッサージ師です。
この資格は、
「はり師」免許、
「きゅう師」免許、
「あんま・しあつ・マッサージ師」免許の3つからなります。
それぞれの試験を合格しないと、
鍼灸・按摩・指圧マッサージ師にはなれません。
————
私は、マッサージ師の免許を持っていていない鍼灸師です。
私の免許は「はり師」免許と
「きゅう師」免許の2つです。

マッサージ師の試験は落ちたのかというと違います。
はじめに入学した学科が、
「はり師」「きゅう師」をとるための学科だったんですね。
これにマッサージ師を加えた学科、
「鍼灸・按摩・指圧マッサージ師」の学科って
学校があまりないようですね。
マッサージ師のない「鍼灸師」学科は
たくさん増えたのですが、
「鍼灸按摩指圧マッサージ師」の学科は少ないですね。
鍼灸師(鍼師と灸師の免許のみ)になれば、
マッサージのお店を開業していいのかというと、
駄目ですよね。
「あんま・しあつ・マッサージ師」の資格がなければだめなのです。
鍼灸+マッサージ師もある学科は
入学試験の倍率が高いんですよね。
実は、
私も鍼灸マッサージの学科を受験したのですが、
落ちて第二希望の「鍼灸学科」に入学となったわけです。
私の時は、鍼灸マッサージの学科の
入学試験の倍率が10倍くらいあったと思います。

定員20名にたいして200人の応募くらいでしたね。
鍼灸のみの学科で、
500万円位は学費でとぶ感じですね。
(+マッサージ師もある学科だとそれ以上)

高いですよね。
入学を考えている方、詳しくはそれぞれの学校に問い合わせましょう。
=============
話は飛びまして、
晴れて資格をとって開業だってなります。
大体の人は、テナント借りて、
ちゃんとした鍼灸院を開業するとしたら、
鍼灸院のカーテンだのベッドだの鍼灸関係の施術器具だの
テナントの改装資金が450万円位かかるようです。

(私の知っている人から聞いたら部屋の改装の相場なのかこのくらいでした。)
それに月々の鍼灸院の家賃が、4~6万円。
(これも実際やってる人から聞いた価格。これは割りと安い方だと思う)
それに追加で駐車場代が月々3000円とか6000円とかするようですね。
<テナントを借りた鍼灸院の開業時にかかるお金>
開業資金でざっと500万円

生活資金150万円(はじめは客が来ないので仕事していなくても半年~1年はご飯を食える金額)

約650万円

大体の人が3~5年安い給料で雇われで働き、
その後に開業しますが、

開業資金ためようっていっても3~5年では
雇われ鍼灸師では貯金を650万円貯める事はまず無理だと思います。

(業界の平均的な感覚でいうと)
つまり大体の人は、ローンですよね。
私は、雇われ鍼灸院で鍼灸の時は
月の給料が10万円ちょっとの給料で、

年間45万円ためるのがやっとでした。
(まだ20代前半ということもあり、洋服とかも買いましたが、
その分、食事はもやしとご飯だけなどとても質素でした。
車も持っておりませんでした。移動は自転車のみ、
貯めた方だと自分では思っています。。)
鍼灸院3年×45万円=135万円
でもこのお金も全額免除にしていた
国民年金等の返却にあてたので、
実際は135万円手元になかったですね。。
というか
いまだに授業料(奨学金を借りました。)も返し終わってません。
だいたい卒後3年で開業するとなると
仕事で稼いで貯まる貯金としては
100万円前後しかないでしょうね。

単純に計算するよりも、
なんだかんだでお金ってすぐなくなります。。
始め計画するより、
思ったより資金は貯まらないという事は頭に入れておきましょう。
もちろん、
「自宅で開業」や
「往診専門で開業」となると、
全然開業資金は抑えられます。
私は自宅敷地内の離れの建物で開業しているので、
貯金70万円程度で開業しました。

結構、現在の貯金残高やばいですけど。(;一_一)>泣ける・・・。
鍼灸師になることは、
学費もいれたら、
開業までに1000万円位とんでいくという感覚ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その割に低収入という、
感じで資格とってから気付かされる人が多いです。
私もその一人なのです。【笑】

当時はネットもそんな普及していなかったし、
インターネットをしていませんでしたが、
今はインターネットの普及してますし、
いろんな情報が簡単に手に入ります!
◆鍼灸学校の学費がいくらかかるのか?
◆鍼灸師の平均的な給与はいくらくらいなのか?
◆雇われの場合は地元周辺に鍼灸師としての求人はあるのか?
◆開業資金はいくらくらい掛かるのか?
などなど
学校入学前にちゃんと調べましょう。
でないと、マジで泣ける結果になります。

正直、「今から鍼灸学校に入ろうと思っている方!」へ
私は「今から」、鍼灸師の資格をとることはオススメしませんよwww

ホンネが出てしまったというか、
これ以上、資格に憧れて資格取得して3年もたたずに廃業する等々という、
被害者を増やしたくない。
私なりには良心で言ってるつもりです。
鍼灸学校にかかるお金の500万円(もしくはそれ以上)はらって
鍼灸の資格とるほどのメリットがあるかないかで
鍼灸学校はいるかはいらないかまず考えましょう。
本当によーくネットなどで調べた方がいいです。

「すでに鍼灸師の資格を持っている方」には、
鍼灸業界繁栄のために頑張って欲しいけどねw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こういう事を知っていれば
まだ選択の余地があったのかもしれませんが、
世の中って、
「資格が大事」とか「自営だから定年がない」のが、
いいって言うのに夢を見て
資格取得に走ってしまうんですよね。。(私もその一人。)
これを知っていればーーーって、今は思います。
これ結構、
ガチなことなので、
入学試験受ける前とか、
検討してる人は是非よーーく何回も読んでもらいたい!
なんせ、金かけて、いざ開業して客が来なくて、
すぐ廃業してしまう人も「多く」いるんですから。
うまくいっても「低収入」って道が「多くの人に」待ってます。
(ウィキペディアには鍼灸師平均月収が22万円だったか書いてるの見ましたが、
大体の人はそんなもらえません。)

間5,000人程度づつ、鍼灸師も誕生して続けてる感じだったと思う確か。(詳しくは調べてね。)
どの資格でも言われている事ですが、
鍼灸師も他の資格といっしょでもうすでに【飽和】状態です。
でも、儲かってる人はどこの厳しい業界でも儲かってますからね・・・。
しかし、何の業界でもごく一部は儲かっている人いますよ。
なぜ、古くからある田舎の鍼灸院は、
ほとんど自宅で開業してるのかよく考えてみて。
昔から、そんなにお金に余裕のある業種ではないって事だと思うよ。私は。
「今から鍼灸学校に入ろうと思っている方」は、
電話帳で地元の鍼灸院を調べて現地をみてみるといい。
都会はどうか分からないが、
地方の田舎ではほんと古い一軒家に看板がポツンと立ってるところが多いです。
それでも、鍼灸師をしたいか?
本当によく考えた方がいい。
整体師なら「通信教育で5万円程度でとれる」って
いうネットの広告見たことあるぞ。
整体師などではなく、鍼灸師をしたいのは何故だ?
メリット、デメリットを本当によく考えて欲しい。

鍼灸業界の売上トップの人を見て、
「鍼灸師はみんな儲かってるんだ!」って思うのは、
歌手やバンドを目指してる人が、
「国民的人気バンド」を見て歌手やバンドをやれば
みんな「国民的人気バンド」みたいになれるんだって思うのといっしょですよ。

せめて、
地元周辺の鍼灸院を全部見て、
その平均が鍼灸師の通常だと思った方がいい。
地元周辺の鍼灸院の
「繁盛してる鍼灸院」と「一番儲かってなさそうな鍼灸院」の中間が
「あなたがやっとなれる鍼灸院」のレベル
だと思っていた方がいいかもしれない。

今回は、免許をもっていないかたには濃い内容になったと思います。\(^o^)/

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。