「鍼灸院に患者が来て帰るまで」の大まかな流れと「弟子としての行動」

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



鍼灸院に行ったことがないけれど、
鍼灸学校に通いはじめた人向けに
「鍼灸院に患者が来て帰るまで」の大まかな流れを
イメージとして書いて行きます。
---------------–
<私の過去の修業先での鍼灸院の流れです。:常連の患者さんの場合>
◆弟子だった当時の私の行動も踏まえて記載してみます。
◆流れとしては、各鍼灸院でそれぞれ違いがあるので参考程度にお願いします。
患者さん来院

受付(2回目の場合は、顔を覚えておかないとならない。)
患者さんの顔を見て名前を思い出し、
受付の順番を言う。(そこでは、予約制ではなく、その日の来た順番で患者さんを回していました。)
※弟子の私がすべて受付をしてました。

患者さんのカルテを出す。
※弟子がする。

患者さんは待合室でまってもらう。
久しぶりの来院の場合は、症状が今日はどうあるのか聞きに行く。
メモ帳などに書いて、メモする。
※弟子がする。
久しぶりでなくて、ある程度続けての来院の場合は、
順番が来るまで待合室で待っててもらう。

久しぶりの患者さんの場合は、
患者さんの症状を院長(師匠)に言う。

「○○さん、どうぞ。」といい患者さんを施術室に呼ぶ。

鍼灸施術
院長が脈診などの診察と鍼施術。弟子は、お灸のみ。(1年間)
(2年目以降は、院長が脈診などをして、鍼施術と灸施術の両方、弟子がする。)

※ここはもちろん各修行場所によって大きく異なる。

施術終了

施術室内で会計

「お大事に。」(※「おつかれさまでした。」等は言わない。)

患者さん、退室。

患者さん帰宅

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ