私は現在、
半日、個人事業(鍼灸院)。半日、パートというスタイルで働いています。
今回は、主にパートの【登録販売者】についてです。

--------------------—
半日、個人事業。半日、パートというスタイルで
しばらくは働くつもりで
パートの履歴書を出しに行った。
履歴書出すだけなのに、
すげー緊張してしまった。
パート先は、ドラッグストア関係。
ドラッグストアで
一定の条件を満たした勤務(パートも可)をすれば、
【登録販売者】っていう資格をとる権利(条件の実務経験を満たす)を満たす事ができ、
資格試験を受けることができるのだ。

===========================
【登録販売者(とうろくはんばいしゃ)】
国家資格ではありません。
ひと昔でいう、「薬種商(やくしゅしょう)」という資格という感じの資格です。
この資格を持っていると、「医薬品第2類~第3類」を販売することが出来る。
薬屋さんにある9割以上が「医薬品第2類~第3類」です。
(医薬品第1類だけは、「薬剤師」でないと販売できません。)
【登録販売者】を持っていれば、
「薬店」を開業することもできます。
実店舗開業でなく、ネットでのネットショップ販売も可能。
例えば、漢方薬を販売したり。鍼灸院でも、関連性を持たせることが出来るわけです。
(店舗開業の場合は、
鍼灸院と同一室内では開業できないとか
何か決まりはありました。確か。。)
鍼灸学校によっては、
【鍼灸師の免許】と【登録販売者】の資格を抱き合わせで、
とらせてくれる鍼灸院もあるようです。(ネットでいつだったか見た)
資格試験を受けるには、
「薬店」などに1年勤務したという証明書が必要で、
人によっては、知り合いの薬店に証明書だけ書いてもらって、
【登録販売者】の資格をとった人もいるようです。(もちろん違反行為ですが。。)
【登録販売者】の試験は、薬の事とかが出題されるのですが、
けっこう難しいそうです。
通常は、薬店やドラッグストアで、
決まった所定の時間勤務して「所定の期間勤務しましたよという証明書」を
自分の勤めたドラッグストア等のお店に書いてもらって試験を受けて
【登録販売者】の資格取得するのが正しいです。
※詳しくは、ウィキペディア等でネット検索して下さい。

===========================
このような事から【登録販売者】の資格を持っていたら、
「鍼灸院」と並行して「薬店」が出来るのではないだろうか
とか、
鍼灸院が失敗しても、ドラッグストアなどで【登録販売者】の仕事で
潰しがきくというもくろみだった。

-----------
【登録販売者】を取りたい場合、
とにかく何でもいいからドラッグストアに所属して
勤めればいいというわけではありません。
正社員でなく、パートでもいいのですが、
「お客さんと接する仕事、ドラッグストアの薬を説明や紹介をお客さんにする業務」に
ついていないといけないのです。
簡単に言うと、「ドラッグストアでレジ打ち」のパートですね。
「商品陳列や品出し」の仕事であるとダメなようです。

-----------
私の場合は「登録販売者のとれるレジ打ち」を希望していたのですが、
おじけづいて「品出し」の方に希望を変えました。(;_;)/
勤務時間の面と、
鍼灸院を持ちながら、
薬の勉強やちゃんと接客できるのかな
っていう不安がでてきました。
主となる鍼灸院が、パートに追われてしまうのではと思ったのです。

私は、自分に優しいタイプの人間です。(-_-;)
----------—-
私の面接を受けようと思ったドラッグストアは、
でも、8時半~13時までみたいで、
13時パート業務が終わって
帰る準備して、家に帰って、
昼飯食って、
治療院を夕方までするって
少し中途半端というか、
自分からしたら少し無理するなぁ。。って思えてきた。
履歴書、副店長さんに渡したあと思った。
潰しがきく資格は欲しい。
けど、そうすると無理な生活を送ることになる。
夕方4時45分~夜9時15分ってのもあるけど、
私には無理だ。
軟弱なのでw
今日を含む3日後以内には書類選考の結果が分かる。
うーん。どうなるんだろか。
もう少しで届きそうなのに諦めないといけない時がある。
って思う。
自分に少し無理している時、

自分に無理している時、

自分に結構無理している時、
それを無理して決行した時、
これがギャンブルだった場合、
負ける確率が高いと思う。
つまり、
これは欲の引き際なのかもしれないなとも思ったんです。
もう少し手を伸ばせば届きそうな気がするんだけど。
◆こんな感じで、「レジ打ち業務」希望から「品出し業務」希望に変ました。
【登録販売者】へ取得をチャレンジする人は
けっこういい資格だと思うので、ぜひチャレンジして欲しいです。(*^_^*)

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。