訪問で在宅ケアをおこなう業務経験のある、

鍼灸マッサージ師の方が書かれてる

訪問施術時の、在宅ケアの本です。

 

aitakukea
 

 

 

◆西村 久代, 杉光 弘幸 (著)鍼灸マッサージ師のための在宅ケア入門(1999年9月発売)

 

1999年9月発売なので、ちょっと古い本ですが、

内容は在宅ケアの方法が書いてあります。

 

本は薄めで写真もついて文章も丁寧で読みやすく分かりやすい。

パッと読んでみると、

勉強されている方によっては、

「何だこんなものか」こんなのはネットで調べたら分かる事じゃん って

思う内容かも知れませんが、

 

「在宅ケアって何だこんなものか」を案外知りません。

(私が鍼灸学生だったときにはこういう授業はありませんでした。)

 

 

すごい基本的なことが書かれていると思います。

 

かなりいい内容だと思うのに、

増刷されていないところが不思議。

 

 

この動画とかDVDとかあったらすごくいいのではないかと思います。

(ネットでググってみたら、

鍼灸マッサージ師である西村久代さんの

「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケア実践テクニック 基礎編」(DVD:2007年12月発売)

「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケア実践テクニック 臨床編」(DVD:2007年12月発売)

っていうのがあるようです。

気になる方はネット検索して下さい。

知りませんでした。私が勉強してないのがバレバレですね。汗)

 

 

書籍の方は、

古い本で珍しい本のせいなのか

中古本であるのに値段がほとんど下がってないか、

もしくは、つりあがってます。

もともとの定価は本体(3,600円+税)

2015年4月現在:3,680円~7,530円。(すべてネットで買える中古本)

 

 

 

内容は、

第1章:寝たきり者は鍼灸マッサージ師を待っている

第2章:保険を上手に活用する

第3章:在宅ケアを始めるに当たっての経営のノウハウ

第4章:在宅ケアの基本理念

第5章:関節拘縮と麻痺の基礎知識

第6章:在宅ケアの基本テクニック(1)~関節リラクゼーションテクニックの基本型~

第7章:在宅ケアの基本テクニック(2)~その他の在宅ケアテクニック~

 

 

注意としては、

「鍼」や「灸」をもちいて、このツボがいいですよっていうのは載ってないです。

すべて手技による在宅ケアの方法です。

関節拘縮の手技でのゆるめ方とか

ベッドから車イスの以上の仕方とかが書いてあります。

 

 

鍼灸専門学校卒業して、訪問鍼灸にたずさわる人は 持ってて損ないと思います。

(こちらの本がなくても、他にも似たような本はあるかもしれないので探してみてください。)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。