【仕事着】仕事用のズボン(ボトムス、パンツ)の適切なサイズの知り方。【メンズ】

●ブログランキング参加中●
ここをクリック
  ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。



私は、いい年齢して、自分のズボンのサイズはどれが適切なのか分かっていませんでした。
普段のお出かけ用とかは、Gパンだったりして割りとルーズにはいても問題ないので
そこまで気にした事がなかったのです。
仕事で使う時は、若い時までは多少ルーズでも気にしていなかったけど、
30代なのに、服装がルーズなのはおかしい。。
ということで早速書きます。
~~~~~~~~~~~
【ズボンの適切なサイズを知る。(仕事用のスラックスやパンツです。)】
<ズボンの試着は、>
なんか恥ずかしかったり面倒だったりしますが絶対にしましょう。
ウエストが同じ数値タグとかに書いてあっても、
ズボンの生地などによって、ズボンはいた時のフィット感が全然違う。

<ウエストのサイズを知る。>
今持ってるズボンのウエストの数字と近めのウエストサイズから試着すると手っ取り早い。
ズボンを入って隙間なくぴったり過ぎると、
座った時やかがんだ時、飯食った後とかに腹がきつい。
ウエストははいてベルトを締めない状態で、指が2本縦に入るくらい(腹の肉に指をめり込ませないで)がいいとされている。
もし指が縦に3本入るなら、1つ下のサイズも試着してみよう。(そうでなくとも試着は、2サイズくらいは試してみた方がいいですね。)
1つ下のサイズだときつい場合は、指が縦に3本入っても、
「その商品のズボンの中では、自分には適切なサイズ」だと言うことになる。
さらに、入念に調べよう。

<ズボンのウエストの適正な位置>
自分のベルトもその試着したズボンに通してみる。
店員さんがカーテンの向こうから「もう着ましたか?」みたいなこと言われても焦らない。「ちょっと待って下さい~。」と言おう。
「ズボンのウエストの位置はヘソより下、骨盤の一番上の高さよりはちょっと上。」
って思っとくといいはず。
ベルトを通して、ベルトをいつも通り締めたズボンを
まずはヘソの高さやヘソの少し上でもいいのでズリ上げよう。
そっから、両方のズボンのサイドにあるポケットに親指だけを軽く入れる。
そっから指はそのままで腕をチョイチョイと軽く伸ばしてみる。
ベルトの太さにもよるかもだけど、
ちょうど、ベルトの下の辺と、骨盤の一番上の部分が当たるか当たらないか、ちょっと隙間があるか位がズボンのウエストの適正な位置だ。

<股下(レングス)>
股下のことレングスと書いてあったりする。
ズボンの肛門と股間の間のところあたりから、足のスソまでの長さです。
ウエストは少しはベルトの締め具合や着方によっては上着で隠れるのでごまかせるけど、
股下は、スソをズルズル引きずってると、
だらしない印象から
ビジネスマン(仕事してる人)としても信用にかかわってくるかもしれない。
スソが短すぎると、貧相で貧乏に見える気がする。。
股下を合わせる時は、
上記に記した<ズボンのウエストの適正な位置>を参考にする。
ベルトは通してベルト締めたままです。
スソの長さの適切な長さとして、
直立で立って、カカトのあたりを見て床とズボンのスソが1cmくらい隙間があるくらいです。
(この隙間がさらに1cmや2cmとか違うだけで少し短い印象になる。)
Gパンの場合は、カカトのあたりを見て、ズボンのスソが床とちょっきりかスレスレ床に接してない位がいいらしいです。
あとは店員さんを呼んで、スソ上げのしるしを付けてもらえば大丈夫です。
はき方や素材によって微妙に違うかもしれませんが、
これが通常のパターンだと思っとくと、ズボンのサイジングに困らないかも。
~~~~~~~~~~~~~~
<ここからは、私のズボンのスソ上げに関する失敗談>
高い品を置いてるお店では、
店員がサイジングをしっかり見てくれるのですが、
ファストファッション等の品物の安いお店では、
店員さんにたずねればサイズも見てくれますが、
店員さんの当たりハズレがある気がする。
上記のサイズの知る方法を、まだ分かってなかった時の話です。
ズボンの股下が長くて本心はスソ合わせしたくて、
店員さんを読んで
私「足のスソの長さ、どうですかね?」
て、たずねたら。店員さんただ目視だけで
店員「はい、大丈夫ですよ。」
私「大丈夫ですかね?仕事に使おうと思ってるんですけど。」
って、ビジネスシーンで使うことをあらわしてみた
店員「はい、大丈夫です。」
返事もやけにサラッと返すし、、
この店員話にならない。。
スソ足ちょっと踏んでるのに。。
何度かまた商品を試着とか見たりしてて
別の店員が来た時に、
私「スソ上げしたいんですけど。」って言った。(はじめからこういえば良かった。)
店員さんが、スソ上げの折り目とかピンで目印付ける時に、
店員「この辺でいいですかね?」
って聞いてくるんだけど、この辺でいいのか自分は全然分からない。。
結局スソ上げしてもらったら、結局、少し短かった。。
でも私はスソが短かったことに1年くらいたってようやく気付く。
適切なサイズが分かってなかったのと、ズボンを下げてはく癖があるので。
次は、はじめの店員が「大丈夫です」って言ってたから、
同じやつをスソ長いまま買って家ではいてみた。
それは、それでスソを足底で踏んだり、
スソが歩いてみると引きづられたりするのでダラしない。。
結局このズボンは再度、お店に持って行ってスソ上げすることに。
このズボンのすそ上げをお店に持って行く前に
この時にネットでスソ上げについて調べて、
適切なズボンのサイズというのを知ったのでした。
ファストファッション(私がいったお店はユ○ク○)のお店の店員さんは新人が多いのか、
なんだか上記のようなフィッティングを見てもらうようなスキルがバラバラな気がします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ




● ●




2 Responses to “【仕事着】仕事用のズボン(ボトムス、パンツ)の適切なサイズの知り方。【メンズ】”

  1. たけちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    お聞きしたい事があり、コメントしました。
    近くの治療院で、鍼灸の資格を三年前くらいに取られて先生がいるのですが、やはり取得後の期間というのは重要でしょうか?
    その先生はカイロプラクティックも勉強されているようです。
    鍼灸とカイロ、どちらでも治療が出来るのは魅力的なのですが
    三年だとそこまでのスキルが伴っているのか?と疑問に感じました。
    取得後の期間より、やはりその人の感性が大事でしょうか?
    合う合わないもあると思いますし。治療に行こうかどうか迷ってます。
    はり灸太郎さんのご意見を聞かせて頂ければと思います。
    宜しくお願いします。

  2. はり灸太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメント遅れてすいません。
    その方は、鍼灸は取得後3年かもしれませんが、
    カイロの実務経歴が長い方かもしれません。
    何に対してもですが、
    資格取得年数より、実務経験が多い方のほうが、
    腕はあるのではないかと思います。
    その間しっかり勉強してることも重要ですね。
    鍼灸師側の私としては、
    ベテランの先生のところだけでなく、
    取得3年の鍼灸院さんのところにも患者さんが来て欲しいなとは思います。
    取得後3年で実務経験がない場合は、施術の腕はないと思いますが、
    取得後3年で実務経験も3年程度あるのでしたら、
    腰痛などの治療をする腕はあると思います。
    たけちゃんさんの、
    望んだような角度の答えでなかったら申し訳ないです。m(__)m

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

お知らせ

・【鍼灸国家資格に興味ある方】や【鍼灸学生の方】や、【鍼灸師初級者向け】に「鍼灸開業方法」「鍼灸院の運営方法」「鍼灸の実際の施術方法」や実際の収入」について書いています。


※FC2ブログに書いていました、
<はり灸太郎の鍼灸ブログ【学生・初級・独立開業者向け】>
のブログの記事は全文そのまま移動させてあります。



※【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。

今後もよろしくお願いします。(^^)

●ブログ主近況報告と謝罪●

<<今までの経緯>>
・鍼灸師として複数勤めて、その後、一時期、鍼灸院開業していましたが廃業し、現在、恥ずかしながら鍼灸師とは別の事をしています。
<<今後>>
・鍼灸という分野については、今でも面白いと思っているのでブログは超スローペースで書く予定です。期待しなくてよいです。
<<謝罪>>
・コメント返信すごい遅いです。勇気を持ってコメントして下さった方々、本当に申し訳ないです。
できれば、返信を早く返したい。(希望)
なにかコメントに気づくシステムを自分の中で考えたいと思っています。。。
、、という干物人間がブログを書いています。。
しっかりとした人間が書いてると今まで思わせていたら、すいません。

●訪問ありがとうございます●

はり灸太郎が、もともと某有名メルマガサイトで、有料メルマガとして配信していた記事を 加筆・再編集・追加して「無料」でブログに掲載しています。

現在は当ブログ用に記事を増やしています。

先々は、このブログの文章を電子書籍化して販売するつもりです。
それまでの間、テストとして「無料」で情報をどんどん公開していきます!\(^^)/

鍼灸関係で書いて欲しいことや聞きたい事があったら、コメント欄にでも記入お願いします。(返信は超スローです。)

ブログのネタにします。 ブログコメントは匿名やハンネでけっこうです。^^

通りすがりにブログだけ読んでもらうだけでもOKです。



【本ブログはリンクフリーです。】
・このブログは、基本的に【リンクフリー】です。
リンク貼ったことを連絡しても、連絡しなくてもどっちでもいいです。




このページの先頭へ