鍼灸学校の学生時代に、

学生だったら、一度は想像することでしょう。

「将来どんな鍼灸師になろうかな?どんな鍼灸院にしようかな?」

 

美容鍼がしたい

子宝の産婦人科系の鍼灸をしてみたい

スポーツ団体とかの専属とかもしてるような

そういうスポーツしてる人をサポートできるような鍼施術がしたい。

小児鍼をしたい。

昔ながらの?普通の鍼灸院で多くの人が来るような所にしたいなあ。

鍼灸学校に入ってから知った、あの○○先生のようになりたい!って人もいるでしょう。

 

 

 

なかには、

柔道整復師もあとあととって、鍼灸整骨院をしたいとか

親や親せきなどが整体・カイロ・タイ式マッサージなどをしてて、

整体と組み合わせて

カイロプラクティクと組み合わせた施術をしたいって人も

現実にはいるでしょう。

 

鍼を重点的に置かずに、別のこれこれをしたい!とか。

 

スポーツジムで働きたくて、

そっから将来はジム経営をして__、

こういう資格あったら面白いかなって思って

学校には行った人もいるかもしれません。

 

 

今回は、上記のように

私が学生の時に思った想像と

実際、鍼灸院で勤めてから気づいたこと。についてです。

 

 

私が学生の頃は、美容鍼や小児鍼がいいなって思ってた。が、

 

私自身は、学生の頃は、

美容鍼や小児鍼の鍼灸院っていいんではないかなー?って思っていました。

 

 

美容鍼は、なんか儲けそうだし、

美容っていうのは、リピーターも多そうだ。

私が学生当時はまだまだ美容鍼は少なかったと思います。

そういうのでねらい目だな!って。

 

小児鍼は

通常のさす鍼は、近年、ディスポ鍼(使い捨ての鍼)がほとんどなので、

材料費がかかるよな。

小児鍼となると、接触針であるから、

簡単に言うと1個持ってればいいだろうし、

材料費のランニングコストが少ない。

なおかつ、小児は重病でなければ持ち前の回復力があるから治りやすいであろう。

と。

 

 

特に小児鍼は面白そうだなって思いました。

刺さないでいい鍼なら、鍼を苦手とする人も受け入れられるところ。

小児鍼という器具自体の存在も学校入って知ったので、

器具の接触で治せるものなら

これはすごいぞっていうのもあったかな。

 

りんご青果

聞いてる限り8割はゲスいですね。

 

はり灸太郎

やっぱり生きてる上で金も絡むからですね。。

ーーーーーー

 

 

いざ、実際に卒業して鍼灸師として働いてから気づいたんだけど、

 

卒後はいった修行先(就職先)は、

東洋医学系の昔ながらの鍼灸院、

伝統的な鍼灸治療というのかもしれませんね?

師匠(雇用主)が授業・勉強会も毎週してくれました。

「十四経発揮」などの主に東洋医学的勉強でした。

 

美容鍼について気づいた。

 

そんな鍼灸院で鍼をしていても、

顔に鍼をする事があるわけで、

女性の患者さんから「鍼をしてから、化粧のノリがいいんですよ!」

と喜びの声が。

 

女性は顔でなくても鍼をすると化粧のノリがよくなるっぽく

そういう言葉を院内で聞くことがたまにあった。よくあった?

 

 

そういう日々を過ごし、ふと思ったんだが、

 

 

 

私は男であるから、

「化粧のノリ」って言われても全然分からんな。

ってこと。

 

りんご青果

「鍼してから、化粧のノリがいいんですよ~!」の返事はどうしてるのです?

 

はり灸太郎

「そそそそ、そうで、デュフフフ。」こう言っちゃう。

 

学生の頃、ボヤッと思っていた

(「美容鍼灸」もいいかもなあ。うんうん。)

 

あれ?これって。美容鍼って男には難しいな。

というか、男性鍼灸師VS女性鍼灸師で能力競ったら、

あきらかに女性鍼灸師に負けるやんと。

(勝ち負けではないですがね。)

 

美容の初歩っぽい、「化粧のノリ」も分からんっていうのは。

あと、いざ、美容鍼灸院として開業しましたとして、

私は、美容のために来た患者を受け入れてる事が想像できない。

 

はり灸太郎

美容を求めてる女性が。私に集まってくる?よくよく考えたら想像すらできない。汗

 

美容鍼は自分には向いてないなと。

すごいあとあと気づいたのです。

 

しかしながら、男性鍼灸師で美容鍼を専門としてる人もたくさんいる様子。

 

 

小児鍼について気づいた。

 

それにともない、

小さい子は2歳とか園児、小学生~高校生も修行先には来ていた。

とりあえず、小さい子をあやしたり、

これも慣れてないと、

即バレるというか、

この人で大丈夫なの?ってなるかも。

「子どもを持つ親」?「子どものために子どもと一緒にくる親」っていうのは、

普通に腰痛で来る患者さんより気迫や思い入れが違うなと。

 

そうして思ったのは、

小児針も、

結婚もしてない、もちろん子供もいない私が

小児のウンヌン。

患者さんから見たら、これ説得力に欠けるなと。

これも女性鍼灸師とくに子供のいる鍼灸師に負けると。

 

勝ち負けではないのだけど、

するべき人は、その人達かなって。

 

 

子宝系、不妊治療などの鍼灸について気づいた。

 

子宝系の妊活、不妊治療のような産婦人科系の鍼灸も

これも女性の方が優勢な気がする。

男性を施術することもあるでしょうけどね。

 

ベテラン男性の方でも子宝専門みたいな鍼灸師の先生もいらしゃいますね。

 

というか、

私は不妊治療の鍼灸院はしたいとは思った事がないですが、

不妊治療って施術者側も

なかなかのプレッシャーだと思う。

不妊っていうのは、ワラをもすがる思いで来てる人が多いでしょうし、

妊娠ていうのは、年齢制限もある程度あるものなので。

 

不妊治療を受け持ってる鍼灸師の方はすごいなーって思う。

 

スポーツ鍼灸については学生の時から気づいてた。

 

そんじゃあ、スポーツ鍼灸?

スポーツ鍼灸してる人って何かカッコいいですよね。

しかしながら、

私は高校生の時とか帰宅部だったし、

スポーツ!っていう感じの運動自体が苦手。

まぁまず、スポーツアスリートの話についていけないでしょう。

スポーツ苦手な人には、難しいかも。

 

スポーツ鍼灸っていうからには、

鍼灸施術者側もせめて過去にスポーツの経験がある程度ないとですね。

 

スポーツ鍼灸に憧れてたけど、

体動かすの好きだけど、

そういえば、何かに所属して、

スポーツっていうスポーツしてないわって人もいると思う。

 

したいという気持ちがあったり、

そう言われても何だか気になるんだよなーって人は、

諦めなくて大丈夫。

 

世には魚嫌いの魚屋さんや

酒が飲めないスナックのママもいるのです。

(しかもけっこう稼いじゃうっていう。。)

 

学生でスポーツ鍼灸したいなって思ってる人で

そう言えば、スポーツ特にしてないって人は

今からでも何かした方がいいですね。

 

本来は野球やサッカー陸上などのスポーツ競技の方がいいのでしょうけど

おすすめは、筋トレですかね?(テキトー。)

簡易にはじめられるっていう意味で。

近年、フィットネスブームでyoutubeにも筋トレ動画がたくさんあがってます。

解説も詳しく見てるだけで勉強になる。

 

 

ーーーーーーーー

 

今回のまとめ

 

学生の時はいろいろ考えるけど、

もっと現実的に

いざ、開業っていう所までイメージしてみると

また別の理想が生まれるかもしれない。

 

私のようなちょっと想像したら、あれ?って事もあるかもです。

 

儲け・経費上のコストや流行とかの

理論上の選択肢と

自分のキャラ?というのか性質と照らし合わせて

想像してみると気づくところがあるかもしれません。

 

または、

スポーツ鍼灸であげたような何か運動してみる。っていう感じで、

今のうちに、

理想像のプラスになるような事を

はじめられることがあるかもしれないです。

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。