就職活動ブログ53(面接に行った結果→不採用っぽい)

5月7日にブログ書いて、

今日が5月18日しばらくブログ更新出来てなかった。

<結局、少し気になってたが受けないと思ってた求人を受けることに>

前回のブログで書いた、少し気になってた求人はやめとこうと思ってったけど、
正直、これが怠け心や就職に臆病になってるからなのか、
実際問題としてこの求人は受けるべきではないのか分からなくなっていた。

そっから2日考えて、この先求人が出るかすらも分からないし。

微妙に理想とは違いがあるものの待遇がほぼ理想の求人があるのに、
その求人を受けようか受けないか。いや、受けないでおこうとか。

いや、でも受けないのは私は逃げてるんじゃないのかとか、思えてきたりして、
求人がなくて待ちぼうけのきつさとは別の、
苦しさが込み上げてきた。

 

例えは変だが、
ベルトコンベアーでリンゴ待ちしてて、

何ヶ月、長い間待って、ようやくリンゴが流れてきたのに
このリンゴは”微妙に”違うんだと。リンゴがあるのにリンゴを見送る感じ。だ。

この感じは、
求人がない。ベルトコンベアーからリンゴが全然流れてこない状態のつらさとは別の辛さがある。

でも、流れて来たのは微妙ではあるけど、リンゴには間違いない。
でもこのリンゴをつかんだらもう他のリンゴはつかめない。

このリンゴの3日~1週間後に真のリンゴが流れてくるかもしれない。
でも、もう1~3年は何も流れてこないかもしれない。

先の分からない事、見えない事をどう考えても分からないものだ。。
3日考えた。

3日目の半日、考えながら外を歩いていた。

このままではいけないって思えてきて、

誰も家にいない時に「就職するぞー!!」って気合いを入れるために叫んだ。
とりあえず面接受けるだけ受けたらいいのかもって思えてきた。

金曜の夕方に、実家の家族に気になる求人がある。この求人を受けてみようと思うけどどうかなって感じで求人票をみせてみた。

100km以上遠い土地だったので、

(親も年だし、将来親の面倒とかの面などで)

反対というかここでいいのか?って家族に言われると思ってはじめは悩んでたけど、

家族は、(やっと受けたい求人があったんだな)って感じで、

私のモヤモヤとは裏腹にけっこう嬉しそうだった。

家族のそういった表情みたら、あーなんだ良かったんだって思った。
(今振り返ると、私の勝手な思い込みで、行動が鈍っていたように思う。)

====

<面接へ行った>

さっそく翌日、外観だけでもと求人票の職場を見に行った。
よし面接受けようと思って、12日にハロワで紹介状もらって、
14日面接となった。

面接の時はすごい雨降ってた。

私が、私の業種(治療関係)の面接を受けに行く日はなぜかだいたい雨だ。
私は、こういう日に雨だとなんか不吉というか、ここじゃないのかなって思ってしまいがち。

でも、前働いてたとこの面接の時は台風接近中で帰りは電車が止まって臨時バスで帰ったことがある。

そこはいい職場だった。

面接は、5分くらい話て5分くらい見学。

すごい早く終わった。
前の職場は、なぜやめたのかってことと資格についての話くらい。

履歴書もパーっとしか見てない。
見学しながら仕事の説明を受けた。

面接官「ここでは、当直がある。当直事務。」
私「え?月何回くらいですか。」
面接官「月に4回、、、、、5回。私もやってるよ。」
私「あーそうなんですねぇ。」
(求人票には夜勤の事なんて1つも書いてなかった。)

仕事は忙しそうではあるが出来そうな感じだった。

面接はすぐに終わった。

面接はすごいさらっとしてたけど、

「忙しいけど若いから大丈夫でしょう。」とか

「業務は専門学校でならったことくらいの治療で大丈夫だから」とかいうフレーズが

もう半分受かってるような感じがした。って印象だった。
え?夜間勤務あるのかよ~~~~~~~。。。。

でもまぁ、行くとこもないし、受かったら行こうってその時は思ってた。

面接を受けたのが水曜日で、
面接官「金曜日までに連絡する」ってことだった。
当直って夜勤だよなぁ。。
夜勤かぁ。
夜勤、夜勤、
夜勤があるなんて思いもしなかったので、今度はそこで悩み始めた。

夜勤ある前提で面接行ってたら別に気にならないのだろうけど、

面接いってから言われるのではちょっと違う。
月に4,5回ならたいしたことないか何とかなるかなって思ったけど、
良く考えたら月に4,5回って週に1回の割合だなぁ。
こっから木曜・金曜、夜勤の事思うだけで寝れなくて4時半とかに目が覚めるようになったww
木曜日の時点では、それでもそこが採用されたなら行くと決めてた。
が、だんだん気持ちが下がってきた。

おみくじのことを思い出した。

末吉「いいことと悪いことが同時にやってくる。自分を高く買いすぎるな。」って内容。

いいこと悪いことって、、、割りと理想の求人はあったけれど、

面接行ったら夜勤をある事を知らされる。ってことと、

自分を高く買いすぎるな、、、って、はじめは多少の理想は下げて夜勤でも少しは我慢しろって事だと思えてたけど、だんだん、解釈変わってきて、

自分の体力は夜勤するほど能力高くない。

無理するなって事を言っているのかなとか。
思えてきた。末吉だし、受け入れる方でなく、回避する方だと思えてきたのだった。

なんだか、おみくじ言ってることすごい当たってるような気になってきた。
木曜の朝と夜では考えがだいぶ変わり始めてた。やっぱ行きたくないと思えてきてて。

木曜の夜に寝ながらもう一回考えなおしてそれでも、

頑張れそうだったら、面接受けたとこ行こうって考えた。
金曜の朝起きた瞬間に、
やっぱり受かっても辞退しよう。って決めた。

結局、金曜も電話来なかったので不採用のようだ。

でも、木曜に万が一にでも採用の連絡があったら、その職場に勤めに行っていたことだろう。
正直、私には夜勤は無理なんじゃないかと思っている。

この寝不足だけですらも体がきつくて、これをずっとやっていくと考えるだけで無理だ。
って思ったのだった。

今回面接を受けてみて、良かったとは思っている。
仕事をしようという自分自身の意欲を確認することが出来た。
だからと言って次にいい求人が出ると決まってるわけでもない。
人生はハードだ。。

 

面接受けた時は、ここに就職するぞ!って思っているからなるべく、

どんなことも肯定的にとらえるようにしたり考えるようにしてたけど、
職場見学したときに、職場の部屋に入った時、挨拶がなかったのと、

職場見学したところにいた人達の顔の表情に元気がなかったように思う。

あと前辞めた人は急に辞めたと言っていたし、なにか不備があるように思えた。

 

採用通知の電話の時に「夜勤があるようなので今回は採用辞退させて下さい。」つって断ろうと思っていたのだけど、

まさか不採用だとはw

 

 

話が前後したりするが、就職活動ってでも、

やっぱり、でも、やっぱり、、とかこういう考えをグルグルグルグル考える。
頑張ろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<2015年3月24日加筆>

この上記の求人は、
鍼灸師にとって割りと好待遇だった。

22~26万円、土曜は隔週休み。(ただし、夜勤で当直事務が月5日位あり。)病院関係です。
こういった求人を待ち続けてた。

こういう求人は私の経験(勘、予想)から言って、周辺の4県で年1回くらいしかでない。
私はこういった求人を心の中で「(鍼灸師の)奇跡求人」と呼んでいる。
この求人に落ちた後、多少諦めがついた。

いままでの強いこだわりが少しゆるくなった。