開業準備する時に、
何を準備したらいいかリストアップを前もってしておいた方が
とても時間短縮になります。

鍼灸施術道具はもちろんのこと、
その他に何が必要かいがいと忘れてしまったり
思いつかなかったりするものです。

開業準備中に考えてた必要な物のリストです。

↓↓↓
・水道
・ペーパータオル
・待合室のTV
・ベッドの上に敷くマット、シーツ、枕、バスタオル、頭にしくタオル
・施術ベッドの周りを囲う用のカーテン
・アルコール綿花


金があればもちろん全部一気に買いたいけど、
金ないし迷いどころ、
いるものもあるが、
冷静に考えてまだなくても大丈夫のモノとか
他にこれより必要なものがあるやって
なったりします。
なので早めにリストアップしておくこと。
中には、さんざん悩んどいて
あとあと考えると、
いらないなってのも実際たくさんある。

例えば、水道なんか、
別の部屋にはあるので、
急いで追加しなくてもいい
って後々思えてきました。
客がわんさか来てもらえるように
なってからでいいものでした。

それを結構、
考え悩んで、どうにか出来ないかなとか、
水道の手洗いの蛇口とか水道のシンクとかを
店に見てまわったり、
水道の工事はいくら位かかるのか何十万とかするのかなー?とか、
どこにたのもうかなど。
けっこう時間を費やしてしまいました。

【結局、いまだに施術室には水道はつけていませんね。
別の部屋に水道はあるのでそこで手を洗っています。】
【待合室のテレビもほとんど使ってません。】

あげていたものより、
もっと効率のいいのを思いついたりとかもある。
これは絶対必要だなって
やつから順番に
様子を見ながら買ってるつもりで、
それでもいらない物とかも買ってしまってました。(-_-;)

結構、いらないものも
リストアップしているのですが、
あーこれいらないって、
リストから削除して品目を減らすけど、
開業準備中には、
次々に新しい必要な物が追加されます。
(でも結局いらない事が多い。。)

実際、準備中だと
開業したらどんな感じかとか不明なので
ないよりあった方がいいのではと不安になるんですね。

 

治療の道具さえあれば
いいと初めは思っていたのですが、
そういうわけにはいかないですね。。
実際、客をいれてから気づかされることも多々あります。

=================
修行中とかに、
雇ってもらっている鍼灸院などで
どういう道具があるかしっかり見てメモしておいた方がいいです。
できれば、施術室や待合室など
出来うるところを
写真などとっておくといいと思います。(*^。^*)


鍼灸院の院長(師匠)の
技術だけを盗むだけでなく、
部屋のレイアウトの構図も盗んじゃいましょう!

(もちろん、院内の物やお金は盗んではいけません。(p_-))

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。