個人事業主(鍼灸院など)はクレジットカードの審査に落ちやすいそう。

従業員のうちにクレジットカードは最低2枚は作っておきましょう。

 

 

 

ちなみに、

就職の内定が決まり、

入職前に(つまりまだ無職状態となる。)

ライフカードというクレジットカードに申請したら

”審査落ちた”ことあります。

(ライフカードは少し審査厳しいそうだ。)

 

前回記事

【鍼灸院開業用】銀行口座の選び方

銀行口座とクレジットカードは同じ会社で同時に作った方が早いです。

 

例えば、

セブンイレブンの銀行とセブンのクレカ

イオン銀行とイオンのクレジットカード

SBIネット銀行(ネット証券関係で有名)とSBIのクレジットカードとか。

 

 

クレジットカードの選び方(簡易版)

 

一番最重要は、年会費無料ってところを選ぶこと。

 

(中には初年度無料!2年目以降は1,200円とか年会費のかかるところもあります。)

 

 

さぁ年会費無料の所からクレジットカードを選ぶかなって

 

その場面で、

クレジットカードってどこの会社の作ったらお得なの?

って思います。

 

 

 

クレジットカードは、

車によく乗るならガソリンスタンド系のクレジットカード

ネット通販をよく使うならネット通販会社のクレジットカードなど

 

自分が普段よく使うお店関連のクレジットカードがいいです。

 

理由は使ってるだけで、ポイントがたまって得だからです。

 

結局は、クレカを使って、ポイントがたまったり、

クレカ持ってる人は〇%引きとかの割引がメリットなので

選ぶポイントはそこだけと

言っても過言ではないと思う。

 

 

 

クレジットカードは審査がある。個人事業主は審査に落ちやすいかも。なので、

 

クレジットカードは誰にでも発行されるものではなく、

無職者やニートはクレジットカードの審査に落ちやすいらしいです。

 

フリーターも落ちる場合があるそう。

 

そして問題は、

鍼灸院の個人事業主、

個人事業主もクレジットカードの審査は落ちやすいそうです。

収入面の方で信用におけないという理由のようです。

 

そう。

上記の人達は、正社員のサラリーマンではないので収入面に疑いをもたれるのです。

その辺で、クレジットカードの審査が通らない場合もあります。

 

上記の方でも普通に通る事もある。

クレジットカード会社によって審査の厳しさはまばらのようです。

 

なので、できれば、

独立開業する前に

どこかで従業員として働いているうちに

クレジットカードは3枚~5枚くらい作ってた方がいいと思ってます。

 

従業員であるうちに、

プライベート用1枚、将来の個人事業用1枚の合計2枚は最低作っておいた方がいいです。

 

 

 

 

Visa、マスターカード、JCBどれがいいの?

 

Visa

マスターカード

JCB

など選択するようになっているが、

人生1枚目のクレジットカードならVisaカードでいいだろう。

一番、シェアがあるようです。

2枚目はマスターカード、

3枚目はJCBにってすればいい。

 

 

だいたいどれでも使えるけど、

理屈的には

まれにVisaに対応してないお店とかあるみたいだけど

このネット通販JCBしか対応してないの?!って所見たことない。

 

なのでどれでもいいです。出来ればVisaって感じ。

 

クレジットカードには「キャッシング枠」といって、

クレジットカードを使って、「お金を借りれる枠」が決められます。

これは、契約しなくてもいいのですが、

キャッシング枠を作った方がクレカの審査に通りやすいっていう話もあります。

 

キャッシング枠と聞くとなんだか、怖く感じますが、

私のクレカはどれもキャッシング枠ありますけども

私個人としては、

キャッシング枠は30万円でも50万円でも作ってていいかな?っては思います。

いままでまったく使った事は無いです。

(借金癖のある人はキャッシング枠は作らない方がいいですね)

 

 

 

そもそも、クレジットカードというのは

システム的にクレジットカード利用者が

一時的な借金をしてる状態なのだそう。

(※利用にお金がかかるとかではないです。)

 

 

 

 

<まとめの一言>

とにかく、どこかで従業員として働いてる時に、

クレジットカード作っておいた方がいいです。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。