ネットで調べてみると、マクロビオティックに批判や否定ののコメントがけっこう多い。

「マクロビ好きな肯定派の私」も「批判的」な言いたことがあるのです。

 

 

先日、ブログにマクロビオティック関係の調味料の記事を書いたので、

ブログの宣伝にと、ツイッター内で「マクロビ」と検索して、

マクロビに興味ありそうな人に「いいね!」してまわろうと見てみました。

 

マクロビオテック関係の調味料の記事、

↓↓↓

【マクロビオティック提唱者:桜沢如一】丸島醤油(マルシマ醤油)おすすめ。

 

 

 

 

<今回の記事は、

私の記憶や知識だけで書かれてるので

私の記憶違い、思い違いなどもあるかもです。>

 

 

【注意】というか、マクロビを極めてる方達からすると、

「全面的に根本から言ってること違うわ」ってことかもしれません。

あと他の食事法も実践したりしたので、

私が、ごっちゃになってたりとかあるかもです。

異論すべて認めます。

 

 

先日、TVでマクロビ(マクロビオティック)が取り上げられていたようです。

 

そうしたら、

ちょうど5日前に日テレ系の「世界一受けたい授業」(2018年11月24日(土))で

マクロビ(マクロビオティック)の関係をTVでやっていたようで、

ちょうどそのコメントの方々多くツイッター内で検索にヒットしたのです。

 

実のところ、マクロビ(マクロビオティック)に関して批判コメントがいっぱいネットに書かれています。

 

 

マクロビについて肯定的な人は、

「ようやくマクロビもTVで取り上げられるようになったんだー。」

みたいな喜びのコメント。

 

マクロビについて否定的な人は、

「こんなのテレビでしていいのかよ」

「もともとをたどればいかにインチキか分かる。」

「こういうのはオカルトだ」(みたいな)

といったような批判的なコメント。

 

 

実のところ、

批判的なコメント(ツイート)の方が多かったです。

ネットは批判的なコメントが書かれやすい側面もあると思います。

(肯定的な人はわざわざ書きこまない事が多いため。)

私は番組を見てないので何ともですが、

テレビの表現とかにもよったのかもしれません。

 

新聞テレビ欄のの画像があがっていまして、

 

多くの著名人に食事を提供するなど、国外内で活躍する西邨さんは、10日間で体を変えるマクロビオティック食事法を伝授する。

引用:2018年11月24日(土曜)、新聞テレビ欄>日本テレビ 世界一受けたい授業!!(番組説明欄)

 

これだけでは番組内容は良く分かりませんが。

「10日で体が変わる」っていうのは極端かも知れませんね。

変わるってどう変わるか分かりませんが。。

 

例えば、肉しか食ってない人が、10日間草食に変えたら、

胃の内容物が変わるのは当たり前ですし。

 

多少面白おかしく、極端に表現するっていうのがTVでもありますからね~?

 

テレビ見てないから何とも言えない。

 

私はマクロビオティック好きなのですけど、

 

 

 

でも一つ思うのは、

何でもそうなのですが、

 

 

鍼灸施術に関してもそうなのですが、

 

マクロビオティックでも

その他なんでも、

魔法のように薬(いってみれば劇薬・特効薬)のような効果、

これで重病が100%治るとかそう思う・思いすぎる・盲信するのは私もよくないと思います。

 

~~

 

マクロビオティックが効かない?かえって体調悪くなった!!について

 

「マクロビオティックが効かない?かえって体調悪くなった!!」って

否定派の感想もぼちぼちネットでは見ます。

 

正直、個人個人の体の具合とかってだいぶ個人差があるので何とも言えないです。

そういった中で思うのは、

 

◆身体にあってなかった人もいるのかも。

 

◆肯定的な見方としては、

好転反応(こうてんはんのう)といって、

体調がよくなる前に、

一時的に体が以前よりも悪くなったような状態なのかもしれません。

(これは治療院業界でも、

治療後に体がだるくなる等々よくある体の変化とも言える。)

 

 

◆猛烈に悪くなったみたいな。人も見かけます。

上記の好転反応と矛盾したコメントかもですが、

猛烈に悪くなる前に何でストップしなかったのか?って思っちゃいます。

でも、食事法を辞めても何か月も症状がきついとなると原因は別のような気もします。

結局のところ、だた食事してるだけなので?

それこそ好転反応かも知れないですし、

もう少し続けてみるっていうのもアリかと思います。

もしくは、食べ物の食材を変えてみるとか、

キャベツを良く食べてたけどキャベツは食べないで見るとか?

 

せっかく頑張ったのなら、

何か手を変えてあと少し試行錯誤できるかもです。

 

単純に何かの食物アレルギーなのかもです。

 

 

 

 

成功者・失敗者を含む、マクロビ実践して100%正しいやり方が出来てる人なんて0人なのでは?

 

マクロビ実践して100%正しいやり方が出来てる人なんて0人なのでは?

 

私もマクロビやってみた。おおざっぱな分類など。

 

私もマクロビオティックを知り

「おーこれはいいな!」って挑戦しようと

一時期、頑張りました。

大衆向けですが書籍も買って読みました。

「結局のところ、これって100%マクロビの法則通り実行できる人っているのか?」

って思いました。

 

私の理解としては、

食べ物を「陰性~中庸~陽性」に分けて、

食事全体を中庸(ちゅうよう/真ん中みたいな意味)持って行くこと。

極端な「陰性」・「陽性」<極陰・極陽といったりする。>の食べ物をさける。

 

という食事法であります。

 

 

 

世間にはけっこう陰性の食べ物が多く、

加工食品の多くは「極陰」であり、

現代人は「陰性」傾きがちとなってるようです。

 

 

レンジを使ったらすべては極陰になる。

上白糖は極陰。

化学調味料、化学塩や食塩も極陰。(天然塩は別)

※精製塩は、ネットで調べたら極陽扱いですかね??

 

無精卵は強い(?)陰性(強い陰性だったか記憶曖昧)。(有精卵は陽性)

無精卵というのは、スーパーに売ってる温めてもヒヨコが生まれない普通の卵です。

有精卵というのは、温めたら孵化(ふか)してヒヨコが生まれる卵です。

 

たしか、うるおぼえですがこんなのです。

 

 

ネットで「マクロビ陰陽表」とググったらいろいろ表がヒットしました。

私の記憶違いなのか、

私の読んだ本とは少し分類が違う気もしますが、

卵は極陽扱い?ここでの「卵」って何卵???無精卵?有精卵?

って感じで、

実はこの時点でも、すでに分類が難しく、

味噌一つとっても、「味噌(天然)」であれば陽性ですが、

味噌でも化学調味料が使われていたら、

化学調味料の量によって極陰となっても変ではありません。

 

購入した味噌が、陽性なのか陰性なのか?

自然食系の店で買っても、

それが”本当に”すべてハイクオリティの天然ものなのか?

いい質の味噌として、

原料の小麦はマクロビニ適正な小麦なのか??

 

マクロビの現代に出回る小麦の判定は??

 

小麦自体、

最近、マクロビオティックとは

別のグルテンフリーの食事法がとりだたされてきているけど、

それなぜかって、

小麦は改良されすぎて体に良くない影響が出てるっていうのが根本にあったりするようです。

つまり、超厳密に言うと

出回ってる小麦自体が、マクロビに適応してないのでは?(極陰or極陽となりうるのでは?)という可能性もあります。

ということは小麦の製品はすべてとれない。

小麦は醤油や味噌にも入っています。

 

自分が買ったひとつの食材だけでも、

これが陰なのか陽なのか見分けるの何て、

至難の業だし、見分けてこれが陰!これが陽!の証拠がないのです。

 

話を戻して、

 

マクロビ100%実践するには、どこかの国の王様・王族くらいしか実践は無理!説

 

ハムやソーセージ、ラーメンの麺などなどなどの加工食品が「極陰」ならまず、

市販の加工食品は一切食べられない。

食塩、上白糖もだめであるから、市販のお菓子はまず無理。

無精卵も強い陰性だとすると駄目そうなので、

 

 

もうこの時点でけっこう難しそうです。

こう考える事でできるのはすべて手作りです。

 

昔話題になった無農薬リンゴ「奇跡のリンゴ」の製法は、陰性?陽性?⇒わかりません!

 

じゃあ野菜を買って~。

 

農薬の薬物もたぶん極陰と思います。

じゃあ無農薬野菜を毎日買うのか?

どこで?

 

無農薬野菜を購入できたとしても、

どこまでは無農薬と表記していいとか食品表示の決まりもあるかもですし、

そこの農地が農薬0.00%という証拠はどこにもない。

 

 

昔、「奇跡のリンゴ」として無農薬リンゴが有名になりましたが、

それも何もリンゴの木にまいてないのではなく、

何かの液体をまいていたと思います。

その製法は、陰なのか陽なのか???

正直、厳密に考えれば考えるほど迷宮入り過ぎます。

 

 

100%するにしても、めっちゃ金かかるからムリじゃん。できるのはどこかの王様・王族のみかも。。

 

かなり難しい!というか、

富裕層にしかできない?

もっと言うと、

どこかの国の王様とかくらいしかできないのではって思ってしまいます。

 

どこかの国の王様すら、国外の国との外交で食事を出されることもあるでしょう。

外交先の訪問施設で、

その国の子供たちが作った砂糖菓子が出されるかもしれません。

「いや、ちょっと、ぅち、ぃま、マクロビなんで・・・。」なんて言えないでしょう。

 

 

 

塩の判断自体もすごい難しいです。

天然塩はよいとなってたりしますが、

よくよく調べてみたのですがどうにも

天然塩の定義がイマイチ分かりません。

 

だいたいの塩って海水から作られてるわけだし??

塩の生成方法でも陰陽に分かれるようで。

 

以上の事もアリ、

マクロビの自主実践で、

体調崩されてる方もいるようですが、

 

マクロビオティックの理論上の

「真に100%マクロビオティックを実践できた人」っていうのは、

一般人ではできた人は0人なんじゃないかって思います。

 

 

お金だけでも膨大なお金がいる気がしますね。

 

そっから、体調に合うか合わないかは別ですし。

 

 

だいいち、「マクロビ陰陽表」を検索してみれば分かるのですが、

かなりおおざっぱな表しかなく

一般の治療院系・健康系の業種でもない人には、陰陽のこと等々

さらに困難極まりないです。

 

この陰性の野菜と陽性の野菜をハイブリッドにしたような、

新品種の野菜は、陰?陽?!・・・まったく不明です。

 

そういえば、

米のとぎ方も、

右回転か左回転なのかで米を研ぐのかで

陰性なのか陽性なのか分かれるという事も聞いたことあります。

 

もうここまでくるとなんのこっちゃです。

(※もしかしたら、

マクロビオティックにも派閥みたいのがあって、

一部の人とかが言ってるだけ物かもしれませんが。)

 

 

自然食・菜食をイメージして、

マクロビオティック料理教室みたいの行ったら、

「お米は右回しで研ぎましょう。^^」って言われたら

けっこう引きますよね。。

 

~~~

今回、マクロビオティック好きと言いつつ批判が多くなってしまいました。

 

 

次回は、マクロビオティックをどう解釈して、どう利用すべきなのか?

をテーマに書いていこうと思っています。

 

 

長くなったので、次回に続きます。

 

続きはこの記事です。

↓↓↓

聞かなきゃよかった【マクロビオティック】の肯定的な意見

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。