50歳で鍼灸専門学校に通おうと思ってる方いますか?(3)

 

50歳で鍼灸専門学校に通おうと思ってる方いますか?(3)

 

厳しい意見を書いて申し訳ありません。

 

~~~~

開業して学費500万円を回収できるのは寿命寸前ってことも。

 

「50歳 鍼灸専門学校に通う」でこのブログを閲覧したあなたへ

 

これまでの、話を読んでも

「それでも鍼灸師になるんだ」と思えた

50歳のあなたは、鍼灸師になる資格はあると思います。

けど、

もう一度振り返りましょう。

 

◆500万円という鍼灸専門学校にかかる学費の面

◆国家資格がうかるのか?記憶力は若いころと比べると落ちてます。

◆国家資格に1発合格しないともう受からないと思っておいた方がよい。

◆卒後の修行場所はない。月2回程度の勉強会に参加するしかない。

◆開業はテナントだと、いっときの生活費も含めて650万円必要。

◆自宅開業は、立地条件や地域での顔の広さが必要。

◆資格というものはだいたいどれも飽和状態。

(鍼灸師は年5000人以上誕生しているようです。

その他似た治療業種をふくめると年に数万人誕生している。)

 

など思い浮かびますね。。

 

定年がないからいいですね。とたまに言われますが、

「定年もないけど、仕事もないですよw」と言いたくなります。(T_T)

 

つまり、

◆開業のセンス

◆セールスのセンス

などが必要です。

 

 

=========================

必死でやれば50歳でも鍼灸師になれる!それは何の業種でもです。頭を冷やして。冷静に検討を。

 

 

いろんな壁を書きましたが、

これが今思い浮かぶ中での最後の壁です。

 

2040年(27年後)働き盛りの中年・鍼灸師はどうなっているか?(将来的な介護施設の普及具合)

内容は上手くかけてないかもですが、

大きく言うと日本経済や世界経済のことですかね。

世の中で一番不必要なものはサービス業だと思われます。

鍼灸師も医療系ではあるもののサービス業寄りに考えられがちです。

 

うまくは書けないですが、

なんというか、

50歳で鍼灸学校へいって、

どういう「勝利への道」を思い浮かべているのか聞いてみたいものです。

 

「50歳過ぎても、一生懸命やれば、

鍼灸師だってなれるし鍼灸院だって、

「はり灸太郎」よりも繁盛させてやるんだ!」

 

って思ったかもしれません。

でもそれって、何でもそうなんですよね。

一生懸命やればうまく行くなら、

低コストでとれる整体師の方が断然いいですよね。

 

 

◆定年がなくて

◆自宅でできて

◆材料代が少なくて開業できる

繰り返し言います、

50歳で鍼灸師は荷が重すぎます。

 

とりあえず、免許とって開業で来ても、

開業して客がボチボチきても

学費500万円+開業資金は、売り上げでは回収できないと思って下さい。(年齢的に)

 

こう考えると、一番の壁は学費を出した分、

卒後の仕事で学費が回収できないことかもしれません。

だって、稼ごうと思って鍼灸師なって500万円払って

鍼灸師で53歳から死ぬまで501万円稼げたとして。

1万円のもうけじゃバカみたいでしょう。

 

私がすごい生意気を言ってるのは分かります。

 

現実に50歳のあなたが鍼灸師に、

鍼灸専門学校かよいたいことを相談したとします。

その鍼灸師は、「そうなんですかー頑張ってください!」と

絶賛しますよ。

 

それが世の中の言うことだと思います。

 

でもそれは、相手の事を真剣に思っていないと思いますね。

私は、本当に本心を書きました。

他の人から見たら批判される事もあると思いますが、

私の未熟な面やご無礼などお許しください。

 

 

 

50歳で鍼灸専門学校に通おうと思ってる方いますか?(1)

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。