リアルな売り上げ【平成24年12月分】

開業鍼灸院:今回は前回に続いて、平成24年12月分の売り上げです。

鍼灸院を独立開業して8ヶ月目の売り上げです。
~~~~~~~~

<鍼灸院の開業地>


開業地は、人口5,000人満たない
町みたいな村みたいなとこ。
ちょっと昔、日本全体であった
市町村合併で「市」あつかいの住所です。
昔から、実家がそこなので
いち地元民という意味で名前は知られている。
実家のボロイ小屋みたいな離れで鍼灸院開業中。
かなりオンボロ。
道路沿いではなく、屋敷敷地を入らないと見えないとこにあるので、
とりあえず、知らない人は入りづらい場所に建物あり。

※この時点で、患者なんてこないだろって
ツッコミたいでしょうけど本当です。

~~~~~~~~

<内訳として、>

家族が2回
患者Aさんが1回
———————–
合計施術回数3回
現在の施術料金を30分程度で1回1,000円とっています。
なので、
1,000円×施術3回=3,000円
12月売り上げ3,000円でした。

 

患者Aさんは、新規患者。
やはり、親の知り合いの関係。
家族が2回で患者さんが1回って、
月に患者さんが一人しか来てないのと同じですね。
この辺になるとけっこうメンタルがやられます。(p_-)マジでね。
この段階で、
新聞におりこみ広告を出そうとか一切考えてません。
周りには、ビラを作って配った方が良いと言われるのですが、

<広告をださない理由(言い訳)として>

(1)まったくの勘ですが、

どうにもその広告代を費やした分の身返りがあるようにも思えない。

 

(2)開業1ヶ月目位は、鍼灸院を認知してもらうために
ビラを配って回ろうと思っていました。
でもなにやら、パートなどでいろいろ忙しくしているうちに
そういう気持ちがなくなってきましたね。

 

(3)あと、うちがド田舎すぎるのが、
幸いして、ここで鍼灸院をやってると知っている人はわりと増えてきたのでした。
ここに鍼灸院があるなと、村人に認知はされているのです。

 

(4)あとは、車が壊れてしまって車を買い替えたので(中古車のその中でも安い車)、
現実問題ビラを作成するお金すら厳しくなってきました。
思わぬ大きな出費でこの出来事あたりから金に困るようになりましたね。。

 

(5)お金がないとはいえ、業者にたのまず、ビラを自宅パソコンで作成して、
コピー機でコピーして、各家々に手配りで配布というてもギリギリできなくもありません。
でもその手配りする時間を
別のビジネスの時間にさけないかなって思っています。

 

———————
情けない話ですが、
現時点で、鍼灸院1本で将来食べていけてる姿が、
私にはどうにも想像がつきません。

 

あと、以前からネットショップなどの自分で出来る
別の仕事もしてみたいなと思っていたのです。(現在思案中です。)

 

整骨院をされている方でも
サイドビジネスとして保険の代理店の仕事をしていたり
鍼灸師の方でも
鍼灸院をしながら、ケアマネージャーの仕事をされている方もいらっしゃいます。

 

大手企業のリストラがニュースで割りと聞く時代です。
現代は、その業種一本で食べていくという時代ではなくなったのかもしれません。
リスクヘッジ(リスクの分散とかの意味)というのでしょうか、
そういう事もこれからの時代大事なように思います。

 

つまりどういうことかというと、
「鍼灸(もしくはそれに似た治療業種)」一本でなく
別のビジネスにも時間(考える時間や行動する時間)をさかないとならないという事です。

 

~~~~~
毎月安定的にご飯を食べていけてる
ベテランの鍼灸師の先生などからしたら、
なんでこんなの公開してるんだと、
失笑ものでしょうけど。(-_-)
若手の鍼灸師や鍼灸師になろうと思われている方などの
何かの参考になればと思って公開しています。<(_ _)>

 

================

 

★こりずに、今後、運営方法や施術方法などを公開していく予定です。

 

これをもとに、
私は、私自身を悪い見本としてや、
これを読まれた方が、
自分だったらこうしようとか何かの材料に
なったらいいなと思っています。

正直、鍼灸院の運営が軌道に乗った人が読むものではありません。

内容がおそまつですから。(-_-;)

売れない鍼灸師や
これから独立を目指している新米鍼灸師、
鍼灸師になろうかなとか思われている初心者の方にささげます。

アホでも世間知らずと思われても結構です。(;一_一)