病院で医師が患者さんに直接、鍼をおこなっている

宮崎県日南市の山元病院の

山元 敏勝(やまもと としかつ)医師。

関連施設も複数あるようです。

 

 

海外の医師からも注目されているるそうで、

略歴などを見てみてると海外の国名がチラホラはいっていますね。

 

 

山元敏勝 略歴

1956年、日本医科大学卒業。1957年、インターン終了後、渡米。コロンビア大学(アメリカ)で麻酔科専攻、ケルン大学(ドイツ)で産婦人科を専攻。1966年、ドイツより帰国後、宮崎県で山元医院を開業。1982年、医療法人愛鍼会山元病院を開設。1998年、山本リハビリテーションクリニックを開設。現在に至る。

役職:日本統合医療学会評議員、国立イタリア代替医療センターYNSA治療医学講座客員教授、イギリス医師針治療学会名誉会員、ハンガリー医師針治療学会名誉会員、ロシア医師針治療学会名誉会員、国立ブタペスト大学付属山元研究所名誉所長、ほか。

(引用元:「DVD「続・山元式新頭鍼療法」医道の日本社」>パッケージ裏面>略歴)

 

 

 

山元式頭鍼療法のことを「YNSA」と略すようです。

 

ウィキペディアで調べてみると、

日本語のウィキペディアには載ってないのに

英語版のウィキペディアには載っていました。

日本版の方に載ってないってのも変ですね。

それほど海外の方が注目が高いのでしょうか?

 

 

ブラウザの翻訳機能を使うと

理解できるくらいに翻訳されました。

 

 

 

Toshikatsu Yamamoto

https://en.wikipedia.org/wiki/Toshikatsu_Yamamoto

(リンク先:ウィキペディア>Toshikatsu Yamamoto(山元 敏勝・やまもと としかつ))

 

ーーーーーーーーー

 

DVD「続・山元式新頭鍼療法」を見ました。のでDVDレビューです。

[山元式新頭鍼療法」「続・山元式新頭鍼療法」の2枚のDVDが出ています。

 

DVD「山元式新頭鍼療法」

 

DVD「続・山元式新頭鍼療法」

 

私は、「続・山元式新頭鍼療法」を買いました。

「続」を買えば初めのDVDも網羅されてると思ったからです、

 

 

しかし、DVD内、説明によると、、

 

第1弾のDVD「山元式新頭鍼療法」では、

診断の方法治療の方法を中心に紹介。

 

第2弾、DVD「続・山元式新頭鍼療法」では、

YNSA(山元式新頭鍼療法)の分かりにくい点をより掘り下げて紹介する内容。

 

 

 

第1弾のDVD「山元式新頭鍼療法」の方から買うべきだったかも。。

 

 

 

ーーーーーー

※ここでの情報は、

私の理解により誤認や情報が違ってるかもなので

正確な話は、DVDでご確認ください。

ーーーーーー

DVD「続・山元式新頭鍼療法」の箇条書きポイントです。

 

宮崎県にある山本病院。

医師が鍼をしている。

海外の医師からも注目されていいる。

県内外からの患者さんが来る。

 

セミナーには医師や鍼灸師が参加している。

 

 

「山元式新頭鍼療法」の良いところ。

1、基本の流れがシステム化されていていて習得しやすい。

2、診察は首診、腕診、腹診

(第1弾DVDでは肘診となっているが、腕診に名称変更されている。)

これで治療部位を決める。

3、治療点が豊富、そこで効かなければ別のポイントの選定といったながれ。

4、治療時間が短くできる

座位で治療で来て患者着もいらない。

 

鍼は5~10本

時間は5~10分の間に頭部に鍼を刺して

(深さ2~3mmのようです。場所による?)

その後、30分置鍼。

 

5、適用範囲が広い

脳梗塞などの中枢性疾患

腰痛

膝通

しびれ

目まい

耳鳴り

末梢性疾患

などなど

 

6、すぐに効果出るため、効果が出ない場合は別の治療法をすすめている。

 

~~~~~~~

DVD「続・山元式新頭鍼療法」で治療方法を説明している症状名

 

主な内容

 

◆診断から素地を整える治療までの流れ

〇首診・腕診~素地を整える治療 ー 座位での治療

〇腹診~素地を整える治療 ー 背臥位での治療

◆症状・疾患に応じた治療 

〇脳性麻痺

〇関節リウマチ(手の動き)

〇顔面神経麻痺

〇舌咽・舌下神経麻痺

〇肋間神経痛

〇坐骨骨神経痛

〇頸の痛み

〇月経痛

〇歯の痛み・口腔疾患

〇花粉症

 

◆手軽にできる山元式頭皮マッサージ

 

(引用元:「DVD「続・山元式新頭鍼療法」医道の日本社」>パッケージ裏面>主な内容)

 

 

DVDで山元医師のサポートに

「鍼灸師:徐 園子(じょ そのこ)」先生という方が出られています。

 

ーーーーーーーーーー

 

DVD「続・山元式新頭鍼療法」レビュー

 

けっこうこの先生の存在は昔から知っていたが、

勉強はしていませんでした。

 

勉強会に参加したいと思いネットで検索したら、

たしか、予約がいっぱいいっぱいで参加できず。

 

DVDがあるのを知り、DVDを買いました。

 

買って満足し開封せずに1,2年ほど押入れにしまっていまして。汗汗

 

今回、このDVD見て、

すごい!って思いました。

腰が少し痛かったので、「坐骨神経痛」のところしました。

DVD見ながら適当にしてても、効果を感じたからです。

 

DVDでは、山元式新頭鍼療法の特徴として、

診察は首診、腕診、腹診。

この3つです。

 

つっといて、いざ、では治療です。てなった時に、

 

まず手のひらの、

左右の手を見て、白みがかってる手の方から治療する。

合谷診(ごうこくしん)という、鍼灸の合谷穴の左右の差を、、、、、

 

 

 

あれ??首診、腕診、腹診は?ってなりますが、

 

この手のひらの赤みを見て、

白いほうから(血行の悪いほうから)するやり方や、

合谷診(ごうこくしん)というやり方。

 

DVDの初見だけでDVD見ながら

見よう見まねで自分にしてるだけなのに

確かに!

って感じでした。

 

 

~~~~~

「山元式新頭鍼療法」DVDネタバレ注意。

 

「山元式新頭鍼療法」での鍼を刺す部位は、

てい鍼を使ったりすると探しやすいそう。

 

 

 

 

 

サポート役で出ていた、

「鍼灸師:徐 園子(じょ そのこ)」先生の開発したという

てい鍼と鍼管が一体になった、「てい鍼管」というものがあり、

「山元式新頭鍼療法」をする際に便利なようです。

 

 

 

DVDのラストのラストが、

「てい鍼管」の説明と

キュピーーン(効果音)

「「てい鍼管」1300円+税」

 

テレレ

テーンテーーン♪

 

 

 

でDVDが終わりになるのはちょっと笑ってしまった。

これの前ふりだったのかって

DVDの構成にw

(注意:絶対、そういう意図ではないはずです。)

 

 

でも、正直、鍼の中で

今、唯一?1番と言っていいほど

この方のセミナーには行ってみたいなって思うほどです。

 

 

本も買いたくなってきた。

 

山元式新頭鍼療法 関連書籍

 

本の中には、絶版で値段釣りあがってる物も中古であるので注意です。

出版書籍を見てみると、

海外向けの英語の本も出版されているようです。

 

 

 

この治療の注目ポイントは、

「医師がしてる鍼」

「海外の医師も注目している人がいる」

という、

効果的な実績。

と、

「服を脱がないで頭部だけで治療できる」

っていう所が、

セクハラだのなんだの言われるような時代、

今後の治療の世界にも必要な物かもと思ったりします。

 

服を脱いだりしない事で、

患者さんが治療に来院する時の精神的なハードルも下がると思うんです。

患者さんの受け皿が広くなるような気もします。

 

 

DVD中の言葉「指で触っただけでも反応点が消える。」といった言葉。

 

 

これもすごい分かる気がする。

さっきは触れた気がしたのに、気のせいだったかなってモノあります。

 

DVD中の言葉・内容、

{『腎・肝・心』(東洋医学での、腎・肝・心でなく、腎臓・肝臓・心臓の事を言ってると思う。)といった

体を維持するのに大事な臓器から先に治療する。

すると他の所の硬結もなくなってくる。}

 

 

結局、この人は医師。西洋医学のドクターであろうからというので、

「いや、こういうは伝統的な鍼灸とは違うからねぇ」と、

毛嫌いする鍼灸師も中にはいると思う。

でも、これ何だか、標治法の考え?に似ていて、

この人のやり方は、

東洋医学的な鍼に通じるものがある気がしました。

 

はり灸太郎

東洋医学的な鍼って何って聞かれても明確に説明できませんが。汗

 

また、

5分10分で治療(置鍼時間を除く)できるとなっているが、

5分10分で終わらせられるかは謎だった。

実際するとなったら、

診察→鍼の反応点がなくなるまでの繰り返しのようなので

普通に20~30分くらいかかりそうな気も。

でも、それはそれで、治療院としては良いのではないでしょうか?

患者さんが治療してもらったな!って思える適度な時間ともいえる気がする。

 

 

 

 

 

DVD内で山元敏勝医師が、

「◆手軽にできる山元式頭皮マッサージ」

この項目では、「場合によっては指で乗せるだけ触れるだけでで症状がとれる」

ということを話されています。

(視聴者によっては、「触れるだけでって・・・」って

幻滅する人や、理解したがたい人がいるような気がしますが、

私は、頭皮マッサージに関しても

1回目の視聴で見よう見マネで

「感じるもの」があったので肯定的です。)

 

山元医師が

「将来は、鍼はしなくてもいいのではないかなと私は思っている。」

みたいな事を言うのですが、

 

そこが、

「鍼」というものに対して心酔してるわけでなく、

(医師が鍼という変わった事したら

目立って儲けそうだな~とか、そういうのじゃなくて、)

 

本当に治療目的で鍼を利用されてるのだというのが伝わってきて

この言葉がこのDVDには入っていたので

そこでさらに信頼できる気がした。

 

 

DVD1枚が12,000円とかちょっと高いので、

医道の日本のセールの時に

買った方がいいかもです。

これもセールの時、買ったんだったかな?(忘れた。)

 

 

※ここでの情報は、

私の理解により誤認や情報が違ってるかもなので

正確な話は、DVDでご確認ください。

 

※鍼灸学校の学生は国家試験の合格優先なので

こういったDVDは、まだ見なくていいです。

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。