8月から、以前書いた
ーーーーーーー

過去記事:「税務署からの無料記帳指導を受けるかアンケートがきた。」
記事はブログ内検索してみて下さい。

税務署からの無料記帳指導を受けるかアンケートがきた。1

 

 

 

ーーーーーーー

「税務署の委託の無料記帳指導」が始まった。

 

<「税務署の委託の無料記帳指導」の概要>

平成24年8~12月までの5ヶ月間。

月1回1~2時間程度です。

初回は、今回、「税務署の委託の無料記帳指導」を受ける

個人事業者全員(私のとこは5名程度でした。)での講義でした。

2回目以降は、指導者と私での

1対1の個別指導を受けました。

最後の12月が、また集団での記帳指導の講義でした。

 

 

 

初回は、2時間の集団で記帳指導の先生から、

今後の指導方針や、

パソコンでの記帳ソフトの使い方の説明でした。

 

私は、

税務署の記帳指導の委託先の会(全国的な規模の組織です。)が

作っている記帳ソフトの

操作方法を学ぶことになりました。

(※指導された側にご迷惑がかかるといけないので、

委託先の会や記帳ソフト名はふせさせてもらいます。

申し訳ないです。(‘_’))

 

 

このソフトは、その会に入っていないと、

その記帳ソフトを購入することが出来ないようです。

今回は、「税務署の委託の無料記帳指導」ということで、

1年間分の(平成24年12月31日まで)記帳ができる

期限付きのソフトを

【無償】でパソコンにインストールしてもらえました。

とはいえ、

他の会計ソフト(弥生会計やソリマチなど)でも、

どれも操作方法はだいたい似てるようです。

 

私は、この初回8月の記帳指導の講義を受けるまで、

全然、鍼灸院の帳簿とか付けておらず、

そろそろ危機感感じてきてました。(-_-;)

 

まぁ他の事業者の一ヶ月分もない位の

金の変動具合だったので(-_-;)

物品購入する時に、領収書とかはちゃんととっておいてあるので、

すぐに整理は出来る。(-_-)

 

2回目の記帳指導が9月です。

次回から個別指導になるとのことで、

それまでに領収書とかを準備しておかないといけないようです。

なにをすればいいのだか。

ってけっこうこの時は焦ります。

 

簿記や記帳をしたことがないので

焦りますが、

 

最寄りの、

◆商工会

◆民主商工会

◆青色申告会

に入ったり、

◆税理士さん

に頼めば

なんとかなります。

 

 

自分が会費を聞いて調べた感じでは、

民商(民主商工会)や

青色申告会あたりが安かったと思います。(・・・おそらく。)

 

税理士さんも

会社(事業)の規模によって

料金が違うこともあるようですし、

値段交渉してみると安くなると聞いたことあります。

どのくらいの価格かは、

税理士さんの相場も分からないのでなんともえない。

 

ちなみに、修行先の鍼灸院では、

税理士さんに頼んでいました。

 

 

~~~~~~~

 

以前も書いたことが、だぶりますが、

 

 

<白色申告と青色申告の違い>

 

 

8月の記帳指導での講義の中で、

白色申告と青色申告の事の

あーそうだったのかー!と思える話がありました。

~~~~~~~~~~~
【白色申告】は、

以前は帳簿付けるとかしなくてよかったんだけど、

H22年ころからだったか、

白色申告でも帳簿とか付けをしないといけなくなったそうです。

なので、

青色申告も帳簿はつけるわけで、

白色申告のメリットっていよいよないとのこと。

~~~~~

 

【青色申告】は、

「青色申告10万円控除」と「白色申告」のすることは

記帳などすることが変わらなくなったようで。

「白色申告」するなら、「青色申告10万円控除」。

「青色申告10万円控除」するくらいなら、

頑張って「青色申告65万円控除」した方がいいとのこと。

『所得が少ないから「青色申告」で、

65万円も控除しなくていいから、

「青色申告65万円控除」しないでいいやぁ。。』って

人もけっこう多いらしいのですが、

この控除は、所得税に影響でるんですよね。(この辺曖昧。。)

 

実は、

例え、65万円の収入がなかったとしても

「青色申告65万円控除」した方がよくって

【市民税】や【国保税】(つまり国民健康保険の保険料)、【介護保険税】にも影響が出るみたいで、

「青色申告65万円控除」した方が

【市民税】や【国保税】(つまり国民健康保険の保険料)、【介護保険税】

安くなるようです。

場合によっては、

するとしないでは、

税金の支払いに20万円位は差が出るみたいです。

 

だから、「青色申告65万円控除」にした方がいい。

=======================

この文章には、

誤りがあるかもしれませんが、

おおまかにはこんな感じのようです。

参考程度でお願いします。

気になることがある場合は、

グーグル等でネット検索お願いします!

何か間違っていたといわれても、責任はとれないです。

 

自己責任で頼みます。<(_ _)>

 

 

続きはその2~6まで。

それと確定申告用の用紙をプリントアウトするまでの記事は以下のこちらから。

税務署の委託の無料記帳指導【2】

税務署の委託の無料記帳指導【3】

税務署の委託の無料記帳指導【4】

税務署の委託の無料記帳指導【5】

税務署の委託の無料記帳指導【6】

確定申告用に出来た書類をプリントアウト。

【確定申告】「申告書B」「青色申告決算書」をプリントアウトした。

以上!

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
他の鍼灸師さんのブログも見てね。